\ 楽天ポイント最大11倍UP期間中! /

JPW-S100(180)とJPW-T100(180)の違いを比較!おすすめはどっち?

本ページはプロモーションが含まれています
JPW-S100(180)とJPW-T100(180)の違いを比較

炊飯器は生活に欠かせない家電の一つです。

おいしいごはんを食べるために、機能やお手入れのしやすさには注目したいですよね。

この記事では、高火力IH炊飯器が充実しているTIGER(タイガー)から

  • JPW-S100(180)
  • JPW-T100(180)

の違いについて、詳しく解説していきます。

それぞれの違いを表で確認したい人こちらへ(記事下に移動します)。

目次

TIGER(タイガー)の炊飯器JPW-S100(180)、JPW-T100(180)の違いを比較してみた

JPW-S100(180)JPW-T100(180)の違いですが、以下の点が異なります。

  • 内釜の種類
  • 少量旨火炊きモードの有無
  • 保温機能

詳しく見ていきましょう!

ちなみに末尾が100の商品が5.5合炊き、末尾が180の商品は1升炊きの炊飯器です。

違い①:内釜の種類

JPW-S100(180)JPW-T100(180)内釜の種類が異なります

JPW-S100(180)は「遠赤3層土鍋コート釜」という金属を3層重ねた約2mmの圧釜です。

土鍋コーティングとアルミ、遠赤コーティングで効率よくお米に熱を伝えます。

JPW-T100(180)遠赤黒圧釜」という2層構造で約1.5mmの圧釜です。

遠赤コーティングで熱伝導率を高めて、ふっくらとねばりのあるごはんを炊くのに適しています。

炊飯器アドバイザー

コーティングの種類によって釜の厚みが変わります!

違い②:少量旨火炊きモードの有無

JPW-S100(180)少量旨火炊きモードが搭載されたモデルです。

JPW-T100(180)にある通常の早炊きモードとは異なり、少量炊き専用のプログラムが計算されています。

加熱速度にメリハリをもたせて、少量のお米を炊いても甘味とハリを引き出す仕様になっています。

炊飯器アドバイザー

JPW-S1000.5合から、JPW-S1801合から炊飯可能です!

違い③:保温機能

JPW-S100(180)は、炊きたての状態をキープする保温プログラムがあります。

JPW-T100(180)と比べると、長時間保温したときもごはんがパサつきません

蒸気センサーを保温しているときも稼働させることで、従来品と比べて保温12時間後も一定の水分量を保持できるようになりました。

炊飯器アドバイザー

センサーと温度管理で水分量を調整します!

JPW-S100(180)を選ぶメリットはごはんが甘いこと

JPW-S100(180)を選ぶメリットは、炊きあがったごはんが甘いことです。

3層にコーティングされた内釜や、多彩なモードでお米の甘味を引き出します。

一人暮らししている人におすすめ

JPW-S100(180)には、少量旨火炊きメニューが搭載されています。

お茶碗1杯分だけ炊きたいときなどに便利なので、甘味のあるごはんを食べたいけど食事量が少ない人や、一人暮らししている人におすすめのモデルです。

JPW-T100(180)を選ぶメリットはシンプルなデザイン性

JPW-T100(180)を選ぶメリットは、シンプルなデザイン性にあります。

JPW-S100(180)に比べて機能が少ない分、操作がしやすいです。

毎日炊飯器を使う人におすすめ

JPW-S100(180)は、JPW-T100(180)と釜の種類や炊飯メニューの数が異なりますが、それ以外の機能は変わりません。

機能がシンプルなので、複雑な設定をしなくてもおいしいごはんが食べられます

使いやすさにこだわりたい人や、毎日炊飯器を使う人におすすめです。

JPW-S100(180)の口コミ・評判

JPW-S100(180)の口コミ・評判

JPW-S100(180)の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

しゃっきりしていてお米がおいしい

釜が軽くて洗いやすい

早炊きメニューなら20分前後で炊飯できる

悪い口コミ

ごはんが少し固い

最上位機種と比べると味が落ちる

暗いところでは液晶が見づらい

JPW-T100(180)の口コミ・評判

JPW-T100(180)の口コミ・評判

JPW-T100(180)の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

安いのにおいしいお米が炊ける

釜に持ち手がついていて使いやすい

本体がコンパクト

悪い口コミ

長時間保温すると味が落ちる

同じ価格帯の炊飯器と大差ない

極うまモードは時間がかかる

TIGER(タイガー)の炊飯器JPW-S100(180)JPW-T100(180)の違いまとめ

JPW-S100(180)JPW-T100(180)の違いをまとめると、以下のようになります。

スクロールできます

JPW-S100(180)

JPW-T100(180)
発売日2023年
内釜の種類遠赤3層土鍋コート釜遠赤黒圧釜
少量旨火炊きモードありなし
保温12時間後の水分蒸発率低い高い
内蓋の食洗器対応あり
しゃもじ受けあり
価格
(税込)
25,698円24,040円
各製品の比較

なお、価格は記事執筆時点のものですので、最新の値段に関しては下部にある商品のリンク先(Amazon, 楽天, Yahooなど)からご確認ください。
※セール期間中などは、表示価格よりもかなり安くなっていることがあります

以上のことから、単身世帯の人JPW-S100(180)

毎日炊飯器を使う人は、JPW-T100(180)を選ぶのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次