KAM-S131・KAM-R131・KAE-G13Nの違いを比較!おすすめはどれ?

本ページはプロモーションが含まれています
KAM-S131・KAM-R131・KAE-G13Nの違いを比較

ワイド庫内で使いやすく、こんがり・ふっくらとしたトーストが焼ける!と人気の『タイガー』の『クッキングトースター』。

上1本・下2本のトリプルヒーターを採用しているので、トーストが素早くできて、朝の時間を有効活用することができます!

この記事では、タイガーのクッキングトースターの人気モデルである、

  • KAM-S131
  • KAM-R131
  • KAE-G13N

の違いについて、詳しく解説していきます。

目次

KAM-S131、KAM-R131、KAE-G13Nの違いを比較してみた

KAM-S131KAM-R131KAE-G13Nの違いですが、以下の点が異なります。

  • 温度・タイマー設定
  • 調理トレイ
  • カラー展開

詳しく見ていきましょう!

違い①:温度・タイマー設定

温度・タイマー設定が、KAM-S131KAE-G13NKAM-R131で異なります。

KAM-S131KAE-G13N

KAM-S131KAE-G13Nの温度は80~250℃、タイマーは30分までの設定が可能です。

KAM-R131

KAM-R131の温度は、強・中・上・下・あたための5段階設定で、タイマーは15分となっています。

比べてみると、KAM-S131KAE-G13Nの方が、温度や時間を細かく設定することができます。

電子レンジアドバイザー

KAM-S131KAE-G13Nの温度は、250℃まで無段階調節ができます!

違い②:調理トレイ

KAM-S131KAE-G13Nの調理トレイは、シリコン加工が施されているという点が、KAM-R131と異なります。

KAM-S131KAE-G13Nの調理トレイの表面には、食材のこびりつきを防ぐシリコン加工が施してあります。

また、どのモデルの調理トレイも、上部が盛り上がった波型の形状になっているので、余分な油を流れやすくし、食材をヘルシーに仕上げてくれます。

KAM-R131は、調理トレイの形状は同じですが、シリコン加工は施されていないので、この点が違うと言えます。

電子レンジアドバイザー

幅広いメニューを作りたい人は、焦げが付きにくいシリコン加工が施されているKAM-S131KAE-G13Nのほうがおすすめです!

違い③:カラー展開

カラー展開が、KAM-S131KAM-R131KAE-G13Nでそれぞれ異なります。

KAM-S131

KAM-S131はレッドとマットブラックの2色。

KAM-R131

KAM-R131はマットホワイトの1色。

KAE-G13N

KAE-G13Nはレッドとマットブラックとマットホワイトの3色。

電子レンジアドバイザー

カラー展開は、KAE-G13Nが3色で1番多いです!

KAM-S131を選ぶメリットは温度を無段階調整できること

KAM-S131を選ぶメリットは、温度を無段階調整できることです。

80~250℃の間であれば、ダイヤルで無段階に温度を設定できるので、KAM-R131より幅広い料理に対応できます。

また、タイマーが30分まで設定ができる点もメリットです。

料理のレパートリーを増やしたい人におすすめ

KAM-S131は、温度の無段階調節と、30分のタイマー設定で、幅広い料理に対応できる点から、料理のレパートリーを増やしたい人におすすめです。

さらに、調理トレイには、シリコン加工が施されているので、焦げや汚れを防いでくれる効果もあります。

KAM-R131を選ぶメリットは価格が安いこと

KAM-R131を選ぶメリットは、価格が安いことです。

温度は5段階、タイマーは15分までの設定ですが、その分、KAM-S131より安く購入することができます。

パンを焼くことだけに使う人におすすめ

KAM-R131は、KAM-S131の機能よりは劣っていますが、その分価格は安くなっているので、パンを焼くことだけに使う人におすすめです。

温度や時間の設定はシンプルですが、トースターとして利用するには十分と言えます。

KAE-G13Nを選ぶメリットは限定モデルなこと

KAE-G13Nを選ぶメリットは、限定モデルなことです。

限定商品なので、店頭やメーカー通販以外では手に入りにくいようですが、KAM-S131と同じ機能であるにも関わらず、価格が安いので、3つの中で1番コスパが良いモデルと言えます。

どのモデルにしようか迷っている人におすすめ

KAE-G13Nは、KAM-S131と同じ機能であるにも関わらず、価格が安い点から、どのモデルにしようか悩んでいる人におすすめです。

KAM-S131と若干の違いはありますが、機能は同じなので、少しでも安く購入したい人は、KAE-G13Nがおすすめです。

KAM-S131の口コミ・評判

KAM-S131の口コミ・評判

KAM-S131の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

ダイヤルの調整や、扉の開閉などもスムーズで使いやすい。

網を外して洗うことが出来て便利です。

一番の魅力は4枚の食パンが焼けるので、朝の忙しい時間にも便利な点です。

悪い口コミ

赤は艶があり安っぽく見えた。

目盛が等間隔のため2分とか3分などトーストで使うときには合わせにくい。

三分超えたあたりから急速に焦げ目がついてくる。

KAM-R131の口コミ・評判

KAM-R131の口コミ・評判

KAM-R131の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

使い易い、必要な機能はあるし簡単設定。

焼きむらがおきにくい。

まんべんなく焼き色が付いて美味しい。

悪い口コミ

食パンは見ながら焼き加減の調整は必要。

火力が無段階調整ではないのが残念。

少し油断してると、パンが焦げてしまうことが多い。

KAE-G13Nの口コミ・評判

KAE-G13Nの口コミ・評判

KAE-G13Nの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

庫内広く、食パンやピザを焼く際に使いやすい。

火力強く、短時間で食材を焼くのに重宝している。

デザインもオシャレだし値段考えるとコスパ高い。

悪い口コミ

パンくずが手前の扉のところに入った部分がとりにくい。

上1本なのがやはり焼き上がりに難あり。

焼き上がりも良く気にいっていましたが、1年過ぎた頃に故障しました。

KAM-S131KAM-R131KAE-G13Nの違いまとめ

KAM-S131KAM-R131KAE-G13Nの違いをまとめると、以下のようになります。


KAM-S131

KAM-R131

KAE-G13N
発売日2022年4月下旬2019年8月1日
温度設定80℃

250℃
(無段階調節)


あたため

80℃

250℃
(無段階調節)
タイマー30分15分30分
本体の大きさ
(cm)
35.1
×
33
×
22.5
35.4
×
34.4
×
24.2
重さ3.7kg4.2kg
カラーレッド
マットブラック
マットホワイトレッド
マットブラック
マットホワイト
価格
(税込)
¥7,291¥6,600¥5,980
各製品の比較

なお、価格は記事執筆時点のものですので、最新の値段に関しては下部にある商品のリンク先(Amazon, 楽天, Yahooなど)からご確認ください。
※セール期間中などは、表示価格よりもかなり安くなっていることがあります

以上のことから、温度の無段階調節と、30分のタイマー設定ができるものがいい人KAM-S131

パンのトースターとしてのみ使用する人は、シンプルな機能で価格が安い、KAM-R131を選ぶのが良いと思います。

「KAM-S131と同じ機能がいいけど、価格は抑えたい!」という人は、KAE-G13Nを選ぶのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次