KPS-6001・KPS-8001の違いを比較!おすすめはどっち?

本ページはプロモーションが含まれています
KPS-6001・KPS-8001の違いを比較

サーモス』から発売されている、電気代・ガス代が節約できる!と人気の『保温調理器』のシャトルシェフ。

シャトルシェフは、短時間火にかけた調理鍋を保温容器で保温し、余熱で食材に火を通してくれるので、調理にかかる電気・ガス代を3分の1に済ませることができます。

この記事では、シャトルシェフの大容量モデル、

  • KPS-6001
  • KPS-8001

の違いについて、詳しく解説していきます。

目次

KPS-6001、KPS-8001の違いを比較してみた

KPS-6001KPS-8001の違いですが、同じシリーズとなっており、以下の点だけが異なります。

  • 調理容量

詳しく見ていきましょう!

違い①:調理容量

KPS-6001KPS-8001の違いは、調理容量だけです。

KPS-6001…調理容量6.0L(7~9人)

KPS-8001…調理容量8.0L(10人以上)

これ以外のスペックはサイズ以外すべて同じなので、作りたい量によって選ぶのがおすすめです。

圧力鍋アドバイザー

どちらも業務用でも使える大容量のサイズです!

KPS-6001は7~9人用のサイズが欲しい人におすすめ

KPS-6001は、調理容量が6.0Lで7~9人用のサイズとなっています。

その他のスペックはすべてKPS-8001と同じなので、調理容量で選ぶのがおすすめです。

KPS-8001は10人以上用のサイズが欲しい人におすすめ

KPS-8001は、調理容量が8.0Lで10人以上分の大容量サイズとなっているので、世帯人数の多い家庭はもちろん、業務用でほしい人にもおすすめです。

KPS-6001の口コミ・評判

KPS-6001の口コミ・評判

KPS-6001の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

寒い時期に作る『おでん』や豚汁は大量の方が美味しく出来ます。

レシピ本のレシピ数も増えていて作るのが楽しみです。

家族の食事時間がバラバラなので、温め直しの手間が減りました。 

悪い口コミ

小さいサイズのようにカラーを選べないのが唯一残念。

保管場所を確保のうえで購入したので問題ないですが、とにかく大きいです。 

容量が6L以上になると価格がすごく高くなるのがお財布には厳しい

KPS-8001の口コミ・評判

KPS-8001の口コミ・評判

KPS-8001の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

保温効果は大で一晩おいても高温を保ちます。

煮込み時間が短く放っておくだけで鶏ガラスープなども作れます。

とにかく便利。省エネ商品です。たっぷりつけれて、しっかり保温できるのが便利。

悪い口コミ

量が少ない時などは短い時間で冷めてしまいます。

中の鍋の収まりもあまりフィットしなくてちょっと残念でした。

フッ素加工のものがあればもっと料理の幅が増えると思います

KPS-6001KPS-8001の違いまとめ

KPS-6001KPS-8001の違いをまとめると、以下のようになります。


KPS-6001

KPS-8001
発売日2013年2013年
調理鍋満水容量
(ℓ)
6.08.0
調理鍋最大内径
(約cm)
24.524.5
本体の大きさ36.5×32.5×2436.5×32.5×28.5
重さ4.65.1
調理鍋底面3層構造
ステンレス
底面3層構造
ステンレス
対応人数7~9人10人~
価格
(税込)
¥20,955¥22,964
各製品の比較

なお、価格は記事執筆時点のものですので、最新の値段に関しては下部にある商品のリンク先(Amazon, 楽天, Yahooなど)からご確認ください。
※セール期間中などは、表示価格よりもかなり安くなっていることがあります

以上のことから、7~9人分の大きさがいい人KPS-6001

10人以上分の大きさがいい人は、KPS-8001を選ぶのが良いと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次