【志摩観光ホテル】ザ クラシックとザ ベイスイートの違いを比較!おすすめはどれ?

本ページはプロモーションが含まれています
【志摩観光ホテル】ザ クラシックとザ ベイスイートの違いを比較

三重県の志摩半島にある志摩観光ホテルは、「シマカン」の愛称で親しまれている人気のホテルです。

落ち着いた雰囲気の入江を目の前にした丘の上に立つホテルであり、どこか神秘的な時間を過ごせます。

志摩観光ホテルは、『ザ クラシック』と『ザ ベイスイート』と『ザ クラブ』の3つの建物に分かれていますが、宿泊施設はこの内『ザ クラシック』『ザ ベイスイート』の2つで、

「ザ クラシックとザ ベイスイートはどこが違うんだろう?」

と、気になっている人も多いかと思います。

この記事では、志摩観光ホテル、

  • ザ クラシック
  • ザ ベイスイート

の違いについて、詳しく解説していきます。

それぞれの違いを表で確認したい人はこちらへ(記事下に移動します)。

目次

志摩観光ホテルのザ クラシックザ ベイスイートの違いを比較してみた

ザ クラシックザ ベイスイートの違いですが、以下の点が異なります。

  • 部屋の種類
  • 料金

詳しく見ていきましょう!

違い①:部屋の種類

ザ クラシックザ ベイスイートは、部屋の種類が違います。

ザ クラシック

ザ クラシックで宿泊できる部屋は、以下の通りです。

スクロールできます
広さ定員階数
コンフォートツイン28m²2~3名3~5階
コンフォートラージ35㎡2~3名5階
プレミアムツイン36m²2~3名2~4階
プレミアムスイート79m²2名4階
アンバサダースイート57m²2名6階
クラシックアンバサダー65m²2名6階
ロイヤルスイート約96m²2名6階
各部屋の仕様
コンフォートツイン
コンフォートツイン

実家のような温かみのある雰囲気の空間で、窓から志摩半島の数々を楽しめる部屋です。

コンフォートラージ
コンフォートラージ

伊勢志摩の自然をテーマにしたデザインで、心地よい温かみのある空間と機能性が両立した部屋になっています。

プレミアムツイン
プレミアムツイン

シンプルモダンのインテリアが並び、窓際のベンチシートから外の景色をゆっくりと堪能できる部屋です。

プレミアムスイート
プレミアムスイート

木のぬくもりを感じさせるスイートルームです。

畳が敷かれたリビングビューバスが利用できます。

アンバサダースイート
アンバサダースイート

木のぬくもりが感じられるリビングでくつろぐことができ、バスルームからは英虞湾を望めます。

クラシックアンバサダー
クラシックアンバサダー

ノスタルジックな懐かしさを感じさせる家具や照明が使われたスイートルーム仕様の部屋です。

ロイヤルスイート
ロイヤルスイート

伊勢志摩サミット開催時、各国の首脳が宿泊したスイートルームです。

ベッドは「世界のベッド」と評されるシモンズベッドが置かれていて、心地よい眠りを体験できます。

ザ ベイスイート

ザ ベイスイートで宿泊できる部屋は、以下の通りです。

スクロールできます
広さ定員階数
スーペリアスイート ツイン100m²2名1~4階
スーペリアスイート キング100m²2名2~4階
FUTONスイート100m²2~3名2~4階
スパスイート100m²2~3名2階
コーナースイート110m²2名1~3階
ロイヤルスイート210m²2名4階
各部屋の仕様
スーペリアスイート ツイン、スーペリアスイート キング、FUTONスイート
スーペリアスイート ツイン
スーペリアスイート キング
FUTONスイート

邸宅にいるかのような広々とした空間でゆったりとくつろげるスイートルームです。

FUTONスイートは、最大3名まで宿泊できます。

スパスイート
スパスイート

スパ専用のベッドが設けられたスイートルームです。

予約すると部屋の中で、セラピストによるトリートメントが受けられます。

お風呂はジェットバス仕様になっています。

コーナースイート
コーナースイート

壁の二面に窓があり、英虞湾の景色をじっくり堪能できる部屋です。

ロイヤルスイート
ロイヤルスイート

サミット開催時に各国の首脳が宿泊した部屋で、窓の向こうに英虞湾の入り江を望むことができるスイートルームです。

国内旅行アドバイザー

ザ ベイスイートは、どの部屋も100㎡以上ある広々としたスイートルームですね!

違い②:料金

ザ クラシックザ ベイスイートは、宿泊料金が異なります。

実際の料金は時期や旅行サイトによって変動しますが、平均的にはザ クラシックの方が安くザ ベイスイートの方が高くなっています。

一部旅行サイトにおける各棟の宿泊料金は、以下の通りです。

  • ザ クラシック…約18,000円~約112,000円
  • ザ ベイスイート…約54,000円~約127,000円

ザ クラシックを選ぶメリットは宿泊料金が安いこと

ザ クラシックを選ぶメリットは、ザ ベイスイートよりも安い宿泊料金で泊まれることです。

宿泊料金を節約したい人におすすめ

ザ クラシックは、なるべくお金を使わずに志摩観光ホテルに泊まりたい人におすすめです。

ザ クラシックは、ザ ベイスイートと比べると部屋の広さは狭いですが、宿泊料金は安くなっています。

「部屋の広さはこだわらない」

「どの部屋でもいいから志摩観光ホテルに泊まってみたい」

という人にぴったりです。

志摩観光ホテル ザ クラシック
志摩観光ホテル ザ クラシック
〒517-0502三重県志摩市阿児町神明731
TEL:0599-43-1211

ザ ベイスイートを選ぶメリットは100㎡以上の広い部屋であること

ザ ベイスイートを選ぶメリットは、どの部屋も100㎡以上のスイートルームであることです。

開放的な空間でくつろぎたい人におすすめ

ザ ベイスイートは、広々とした開放感のある部屋でゆっくりしたい人におすすめです。

ザ ベイスイートは、小さい部屋でも100㎡、大きい部屋では200㎡以上の広さの部屋に泊まれます。

また、部屋の中でスパが受けられるスパスイートや、部屋の2面の窓から英虞湾の景色が楽しめるコーナースイートの部屋に宿泊可能です。

「広々とした開放的な部屋でのんびり過ごしたい」

「プライベート空間で専門のスパを受けたい」

「きれいな景色を思う存分堪能したい」

という人が選ぶと良いでしょう。

志摩観光ホテル ザ ベイスイート
志摩観光ホテル ザ ベイスイート
〒517-0502三重県志摩市阿児町神明731
TEL:0599-43-1211

ザ クラシックの口コミ・評判

ザ クラシックの口コミ・評判

ザ クラシックの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

接客やサービスは最高

外の景色は大満足

非日常の至福の時間を過ごせた

悪い口コミ

スイート棟への連絡通路がなかった

料理がおいしくなかった

朝食バイキングは品数が少なめ

ザ ベイスイートの口コミ・評判

ザ ベイスイートの口コミ・評判

ザ ベイスイートの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

ホテルスタッフの気遣いがとてもよくて印象に残った

料理は完璧

ラウンジは心地よい時間を過ごせた

悪い口コミ

予約確認の時のスタッフの対応がおざなりだった

他の客のケーキに使われている蝋燭のニオイが気になった

チェックアウト時のスタッフの対応が心残り

志摩観光ホテルのザ クラシックザ ベイスイートの違いまとめ

ザ クラシックザ ベイスイートの違いをまとめると、以下のようになります。

スクロールできます

ザ クラシック

ザ ベイスイート
都道府県三重県志摩市阿児町神明731
電話番号0599-43-1211
部屋の種類コンフォートツイン
コンフォートラージ
プレミアムツイン
プレミアムスイート
アンバサダースイート
クラシックアンバサダー
ロイヤルスイート
スーペリアスイート ツイン
スーペリアスイート キング
FUTONスイート
スパスイート
コーナースイート
ロイヤルスイート
ゲストラウンジあり
レストラン
(どちらの棟に宿泊しても利用可能)
ラ・メール クラシックラ・メール
浜木綿
価格幅
(税込)
約18,000円~約112,000円約54,000円~約127,000円
各棟の比較

以上のことから、なるべく宿泊料金を節約したい人は、ザ クラシック

広々した開放的な空間が好きな人は、ザ ベイスイートがおすすめです。

志摩観光ホテル ザ クラシック
志摩観光ホテル ザ クラシック
〒517-0502三重県志摩市阿児町神明731
TEL:0599-43-1211
志摩観光ホテル ザ ベイスイート
志摩観光ホテル ザ ベイスイート
〒517-0502三重県志摩市阿児町神明731
TEL:0599-43-1211
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次