ラクラクッカーとホットクックの違いを比較!(ティファールvsシャープ)おすすめはどっち?

本ページはプロモーションが含まれています
ラクラクッカーとホットクックの違いを比較

料理の時間を短縮してくれる便利な調理家電『電気圧力鍋』。

圧力調理をすると、普通の約3分の1の時間で本格的な料理も出来るので、とても便利ですよね。

中でも電気圧力鍋の売上ランキングでもある『ティファール』のラクラクッカーと『シャープ』のホットクックが使いやすいと評判になっています!

この記事では、

  • ラクラクッカー
  • ホットクック

の違いについて、詳しく解説していきます。

目次

ラクラクッカー、ホットクックの違いを比較してみた

ラクラクッカーホットクックの違いですが、以下の点が異なります。

  • かき混ぜ機能の有無
  • 無線LAN接続
  • 予約調理
  • 価格帯

詳しく見ていきましょう!

違い①:かき混ぜ機能の有無

ホットクックには、自動かきまぜ機能が付いているという点が、ラクラクッカーと異なります。

ホットクックは、調理途中で中の食材を自動で混ぜてくれる『まぜ技ユニット』が付いているので、材料と調味料を入れてセットしておけば、あとは全て自動で操作してくれるので、ほったらかし調理ができます。

ラクラクッカーは、かきまぜ機能が無いので、この点が違うと言えます。

圧力鍋アドバイザー

ホットクックのほうが、調理の工程や手間を省くことが出来ます!

違い②:無線LAN接続

ホットクックは、無線LANに対応しているという点が、ラクラクッカーと異なります。

無線LANに対応していることで、スマートフォンと連携して、買った後もメニューを増やすことができたり、外出先から予約時間の変更や、作るメニューの買い物リストを作成することも出来ます。

特に、メニューを増やすことが出来る点については、無線LAN対応の1番のメリットと言えます。

ラクラクッカーは、無線LANには非対応なので、この点が違うと言えます。

圧力鍋アドバイザー

ラクラクッカーは、メニューの搭載はありませんが、80レシピが掲載されているレシピブックが付属しています!

違い③:予約調理

予約調理の性能が、ラクラクッカーホットクックは異なります。

どちらも予約調理は可能となっていますが、ラクラクッカーは『煮る・炒める・低温調理・発酵調理』には使用することが出来ません。

圧力調理のみ予約調理が可能で、1~12時間の間で1時間間隔で設定することが出来ます。

一方ホットクックは、最大15時間の予約調理が可能となっています。

食品が腐敗しやすい温度帯を避けて、自動で温度を調節してくれるので、予約調理機能については、ホットクックの方が優れていると言えます。

違い④:価格帯・調理容量

価格帯が、ラクラクッカーホットクックとで異なります。

ラクラクッカーは、約1.5万円~上位モデルでも約3万円で、比較的手が届きやすい価格帯になっているのに対し、ホットクックは、約3万円(コンパクトモデル)~大容量モデルで約5万円と、ラクラクッカーより少し高いです。

また、調理容量は、ラクラクッカーは2.0Lのみで、ホットクックは1.0(コンパクトモデル)~2.4L(大容量モデル)となっている点も異なります。

ラクラクッカーは2.0Lのみですが、最大約4人前の料理を作ることが出来るので、十分な大きさと言えます。

圧力鍋アドバイザー

ラクラクッカーは、調理容量も十分で低価格なので、コストパフォーマンスが高い製品と言えますね!

ラクラクッカーを選ぶメリットは圧力調理が優れていること

ラクラクッカーを選ぶメリットは、ホットクックより圧力調理が優れていることです。

自動調理という点に関しては、ホットクックのほうが優れていますが、圧力調理に関しては、ラクラクッカーのほうが優れています。

時間のかかるスペアリブで比較すると、ホットクック90分かかるのに対し、ラクラクッカー15分で作ることができます。

調理時間を短縮したい人におすすめ

ラクラクッカーは、調理時間を短縮したい人におすすめです。

ホットクックよりも圧力調理に関して優れているため、より調理時間を短縮することができます。

共働きの世帯や、煮込み料理を中心に調理をしたい人は、ラクラクッカーを選ぶのがおすすめです。

ホットクックを選ぶメリットは自動調理ができること

ホットクックを選ぶメリットは、自動調理ができることです。

ホットクックのまぜ技ユニットが、調理の途中で具材をかきまぜてくれるので、材料と調味料を入れておけば自動で料理を仕上げてくれます。

料理が苦手な人におすすめ

ホットクックは、自動調理機能がついており、調理工程を減らすことができるので、料理が苦手な人におすすめと言えます。

また、予約調理の点に関してもホットクックが優れており、朝にセットしておけば適切な温度を保ちながら、夜まで保温してくれるので、帰宅後すぐに温かいご飯を食べれます。

ラクラクッカーの口コミ・評判

ラクラクッカーの口コミ・評判

ラクラクッカーの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

コンパクトで料理時間もすごい短縮されるのでとても便利です。

手の込んだ料理も簡単に短時間で出来るので空き時間ができる。

作るのも洗うのも楽だし、料理の幅が広がった。

悪い口コミ

5人以上の家族構成だともう少し大きいサイズのほうがいい。

あまりお米を美味しく調理は出来てないように思います。

蓋をつけ忘れたら、1度で故障してしまう。

ホットクックの口コミ・評判

ホットクックの口コミ・評判

ホットクックの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

セットしたらほっとくだけで料理が作られるのでとても便利。

調理中に自動で混ぜてくれるのが楽。

時間を有効活用できるようになった。空いた時間で他の事ができる。

悪い口コミ

思った以上にサイズが大きく、置く場所に困る。

1.6L、1.0Lモデルは4人以上の家族には小さいので注意が必要。

自動なの便利だが、調理時間は、普通の電気圧力鍋より時間が掛かる。

ラクラクッカーホットクックの違いまとめ

ラクラクッカーホットクックの違いをまとめると、以下のようになります。


ラクラクッカー

ホットクック
発売日
(最新モデル)
2022年11月15日2021年9月中旬
調理容量2.0L2.4L(大容量モデル)
調理温度22~150℃35~90℃
最大保温時間24時間
(煮る、炒める、低温調理、発酵を除く)
12時間
最大予約時間12時間
(煮る、炒める、低温調理、発酵、保温を除く)
15時間
本体の大きさ幅260mm
×
奥行285mm
×
高さ283mm
幅345mm
×
奥行305mm
×
高さ256mm
質量約4.2kg約5.8kg
搭載メニュー数なし
(80レシピのブック付属)
145
(自動メニュー133/手動メニュー12)
価格
(税込)
¥14,949~¥30,000前後
(店舗による)
¥35,600~¥52,000
各製品の比較

以上のことから、基本的な機能を備えつつ、お手頃な価格で電気圧力鍋を買いたい人ラクラクッカー

レシピが搭載されている電気圧力鍋で、料理のレパートリーを増やしたい人は、ホットクックを選ぶのが良いと思います。

ラクラクラッカー

ホットクック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次