イニスフリーのパウダーの違いを比較!どれがおすすめ?

本ページはプロモーションが含まれています
イニスフリーのパウダーの違いを比較

メイク後の肌のテカリやメイク崩れを防ぐのに役立つフェイスパウダー

メイクアップ効果やデザイン、価格なども商品によって様々で、自分に合ったものを選ぶのは大変ですよね。

この記事では、地球環境にやさしいエコキャンペーンにも注力しているイニスフリーで人気のフェイスパウダーの中から

  • ノーセバム ミネラルパウダーN
  • ポアブラー パウダー
  • 薬用ノーセバム アクネパウダー

の違いについて、詳しく解説していきます。

それぞれの違いを表で確認したい人こちらへ(記事下に移動します)。

目次

イニスフリーのノーセバム ミネラルパウダーN、ポアブラーパウダー、薬用ノーセバム アクネパウダーの違いを比較してみた

ノーセバム ミネラルパウダーNポアブラーパウダー薬用ノーセバム アクネパウダーの違いですが、以下の点が異なります。

  • メイクアップ効果
  • ニキビ対策
  • 無添加処方
  • 容量と価格

詳しく見ていきましょう!

違い①:メイクアップ効果

ノーセバム ミネラルパウダーN

ノーセバム ミネラルパウダーNポアブラーパウダー薬用ノーセバム アクネパウダーは、使用時のメイクアップ効果が異なります。

ノーセバム ミネラルパウダーN

ノーセバム ミネラルパウダーNは、日中の肌のくすみの原因の1つである余分な皮脂を、皮脂吸着パウダーミネラル皮脂コントロールパウダーが吸着し、ワントーン明るい肌に補正してくれます。

また、パウダー自体が超微粒子になっており、付け感ゼロの軽やかな付け心地になっています。

ポアブラーパウダー

ポアブラーパウダーは、キメ細かな微粒子パウダーでテカリを抑えるとともに、毛穴や肌の凹凸を均一にカバーし、なめらかでマットな肌に仕上げてくれます。

薬用ノーセバム アクネパウダー

薬用ノーセバム アクネパウダーは、過剰な皮脂を吸着することで肌のトーンを補正するメイクアップ効果があります。

肌のトーン補正という点で、ノーセバム ミネラルパウダーN薬用ノーセバム アクネパウダーのメイクアップ効果は同じですが、皮脂吸着パウダーミネラル皮脂コントロールパウダーが配合されているノーセバム ミネラルパウダーNの方が、より皮脂を吸着し、肌を明るくしてくれます。

コスメアドバイザー

ノーセバム ミネラルパウダーN薬用ノーセバム アクネパウダーは肌のトーン補正効果が、ポアブラーパウダーは毛穴カバー効果が期待できます。

違い②:ニキビ対策

薬用ノーセバム アクネパウダー
薬用ノーセバム アクネパウダー

肌悩みのひとつであるニキビへの対策が、ノーセバム ミネラルパウダーNポアブラーパウダー薬用ノーセバム アクネパウダーで異なります。

ノーセバム ミネラルパウダーN

ノーセバム ミネラルパウダーNは、皮脂を吸着することによるメイクアップ効果はあるものの、特にニキビ対策になるとはしていません。

ポアブラーパウダー

ポアブラーパウダーは、ニキビのもとであるコメドが生じにくい商品かをチェックするテストを受けクリアしている、ノンコメドジェニックテスト済みの商品です。

薬用ノーセバム アクネパウダー

薬用ノーセバム アクネパウダーは、抗炎症や抗アレルギー効果がある有効成分のグリチルレチン酸ステアリルを配合しており、ニキビや肌荒れを防ぐことができます。

ポアブラーパウダー薬用ノーセバム アクネパウダーがニキビが気になる肌への対策をしているフェイスパウダーになります。

コスメアドバイザー

ノンコメドジェニックテスト済みの商品は、すべての人にコメド(ニキビのもと)ができないわけではないので、注意が必要です。

違い③:無添加処方

ポアブラーパウダー

ノーセバム ミネラルパウダーNポアブラーパウダーが、肌にやさしい無添加処方にこだわったフェイスパウダーになっています。

ノーセバム ミネラルパウダーNは、動物性原料、鉱物性油、パラベン、タルク、合成色素、合成香料、ポリアクリルアミド、イミダゾリジニルウレア、トリエタノールアミン、PEG系界面活性剤の10種の成分が無配合です。

ポアブラーパウダーは、動物性原料、鉱物性油、シリコーンオイル、タルク、合成色素、合成香料、ポリアクリルアミド、イミダゾリジニルウレア、トリエタノールアミン、PEG系界面活性剤の10種の成分が無配合です。

薬用ノーセバム アクネパウダーは、特に無添加処方にはなっていません。

コスメアドバイザー

ノーセバム ミネラルパウダーNはパラベンが無配合、ポアブラーパウダーはシリコーンオイルが無配合になっている点が違いになります。

違い④:容量と価格

ノーセバム ミネラルパウダーNの容量は5gで、税込価格が899円になっており、1gあたり約180円です。

ポアブラーパウダーの容量は11gで、税込価格が1,980円になっており、1gあたり180円です。

薬用ノーセバム アクネパウダーの容量は5gで、税込価格が1,210円になっており、1gあたり242円です。

ポアブラーパウダーは税込価格が一番高くなっていますが、容量が多いためグラム単価でみるとノーセバム ミネラルパウダーNとほぼ変わりません。

グラム単価では薬用ノーセバム アクネパウダーがもっとも高価になります。

コスメアドバイザー

容量や価格もコスメを選ぶ時のポイントになりますね。

ノーセバム ミネラルパウダーNを選ぶメリットはトーンアップ効果

ノーセバム ミネラルパウダーNを選ぶメリットは、肌のトーンアップ効果があることです。

ノーセバム ミネラルパウダーNには、皮脂吸着パウダーミネラル皮脂コントロールパウダーが配合されているので、日中の肌のくすみの原因の1つである余分な皮脂を吸着し、ワントーン明るい肌に補正することができます。

肌のくすみが気になる人におすすめ

肌のくすみが気になる人には、ワントーン明るい肌に補正するメイクカップ効果のあるノーセバム ミネラルパウダーNがおすすめです。

皮脂吸着パウダーミネラル皮脂コントロールパウダーが、肌の過剰な皮脂を吸着するため、すべすべとした明るい肌を長時間キープすることができます。

ポアブラーパウダーを選ぶメリットは毛穴カバーできること

ポアブラーパウダーを選ぶメリットは、毛穴や肌の凹凸をカバーできることです。

ポアブラーパウダーは、ルースパウダーがキメ細かな微粒子になっているため、毛穴や肌の凹凸をぼかして目立たなくし、肌をなめらかでマットな仕上がりにします。

肌のテカリを抑えるとともに、毛穴カバーもできるフェイスパウダーです。

ニキビ予防したい人におすすめ

ポアブラーパウダーは毛穴カバーできるとともに、ノンコメドジェニックテスト済みのフェイスパウダーでもあります。

ポアブラーパウダーは、コメドという皮脂で毛穴が詰まった状態になりニキビができる初期症状が現れないことを確認するテストを受け、クリアしています。

そのため、フェイスパウダーで毛穴カバーはしたいけど、ニキビができるのは避けたいという人には、ポアブラーパウダーがおすすめです。

薬用ノーセバム アクネパウダーを選ぶメリットは有効成分配合なこと

薬用ノーセバム アクネパウダーを選ぶメリットは、有効成分を配合している薬用のフェイスパウダーであることです。

薬用ノーセバム アクネパウダーは、厚生労働省が抗炎症や抗アレルギー効果があると認めた有効成分であるグリチルレチン酸ステアリルを配合しています。

そのため、ニキビや肌荒れを防ぎながら、テカリとメイク崩れも防げるフェイスパウダーになっています。

既にできているニキビが気になる人におすすめ

薬用ノーセバム アクネパウダーに配合されているグリチルレチン酸ステアリルは、既にできてしまったニキビや肌荒れを落ち着かせる効果があります。

フェイスパウダーとしてのメイクアップ効果とともに、ニキビや肌荒れを解消したい人には薬用ノーセバム アクネパウダーがおすすめです。

ノーセバム ミネラルパウダーNの口コミ・評判

ノーセバム ミネラルパウダーNの口コミ・評判

ノーセバム ミネラルパウダーNの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

一日中テカリが抑えられる

白くならずにサラサラな仕上がり

軽い付け心地で良い

悪い口コミ

付属のパフが小さすぎる

慣れるまで匂いが気になる

乾燥肌には合わない

ポアブラーパウダーの口コミ・評判

ポアブラーパウダーの口コミ・評判

ポアブラーパウダーの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

パウダーの粒子が細かくて良い

テカリやすいおでこもずっとサラサラ

他にはない毛穴カバーとマットな仕上がり

悪い口コミ

乾燥するので保湿が必要

一度に出てくる粉の量が多すぎる

容器が白いので汚れが目立つ

薬用ノーセバム アクネパウダーの口コミ・評判

薬用ノーセバム アクネパウダーの口コミ・評判

薬用ノーセバム アクネパウダーの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

肌荒れしにくい

化粧崩れしない

テカらずにサラサラになる

悪い口コミ

量が少ない

粉が少しずつしか出てこない

肌が乾燥しやすくなる

イニスフリーのノーセバム ミネラルパウダーNとポアブラーパウダーと薬用ノーセバム アクネパウダーの違いまとめ

ノーセバム ミネラルパウダーN、ポアブラーパウダー、薬用ノーセバム アクネパウダーの違いをまとめると、以下のようになります。

スクロールできます

ノーセバム ミネラルパウダーN

ポアブラーパウダー

薬用ノーセバム アクネパウダー
発売日2021年7月1日2019年10月1日2023年9月1日
メイクアップ効果トーンアップ効果毛穴カバー効果肌トーン補正効果
ニキビ対策ノンコメドジェニックテスト済みグリチルレチン酸ステアリル配合
生産国韓国
無添加処方動物性原料、鉱物性油、
パラベン、タルク、
合成色素、合成香料、
ポリアクリルアミド、
イミダゾリジニルウレア、
トリエタノールアミン、
PEG系界面活性剤無配合
動物性原料、鉱物性油、
シリコーンオイル、タルク、
合成色素、合成香料、
ポリアクリルアミド、
イミダゾリジニルウレア、
トリエタノールアミン、
PEG系界面活性剤無配合
容量5g11g5g
価格
(税込)
899円1,980円1,210円
各製品の比較

なお、価格は記事執筆時点のものですので、最新の値段に関しては下部にある商品のリンク先(Amazon, 楽天, Yahooなど)からご確認ください。
※セール期間中などは、表示価格よりもかなり安くなっていることがあります

以上のことから、肌のくすみが気になり、トーンアップしたい人ノーセバム ミネラルパウダーN

ニキビ予防しつつ、毛穴カバーしたい人は、ポアブラーパウダーを選ぶのが良いと思います。

できてしまったニキビや肌荒れを落ち着かせたい人は、薬用ノーセバム アクネパウダーを選ぶのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次