RC-MGA30・KRC-MGA30とRC-MEA30(アイリスオーヤマ炊飯器)の違いを比較!おすすめはどれ?

本ページはプロモーションが含まれています
アイリスオーヤマの炊飯器RC-MGA30・KRC-MGA30とRC-MEA30の違いを比較!おすすめはどれ?

日本の食卓に欠かせないものと言えば「ごはん」。

おいしいごはんを食べるために欠かせないものと言えば、炊飯器ですね。

コスパが良いと人気のアイリスオーヤマは、米どころ宮城県に本社があるメーカーとして知られています。

そんなアイリスオーヤマの中でも、銘柄炊き分け機能がついていて人気の、

  • RC-MGA30
  • KRC-MGA30
  • RC-MEA30

の違いについて、詳しく解説していきます。

目次

RC-MGA30、KRC-MGA30、RC-MEA30の違いを比較してみた

RC-MGA30、KRC-MGA30、RC-MEA30の違いですが、以下の点が異なります。

  • 炊飯メニューの種類
  • ヘルシーメニューの種類
  • 自動メニューがあるかどうか
  • 炊飯釜が火釜か銅釜か

詳しく見ていきましょう!

違い①:炊飯メニューの種類

RC-MGA30・KRC-MGA30とRC-MEA30では、炊飯メニューの種類が異なります。

RC-MGA30・KRC-MGA30は、無洗米または白米の標準を選択した場合、「もっちり」「ふんわり」「粒立ち」の3通りの食感が選択できます。

また、炊き上がりについては、「カレー」「丼」「おむすび」「すし飯」「冷凍ごはん」から選択できます。

一方のRC-MEA30では、「やわらか」「ふつう」「かため」の3通りのかたさと、「もっちり」「ふつう」「しゃっきり」の3通りの食感を選択でき、9通りの炊飯メニューを選ぶことができます。

炊飯器アドバイザー

RC-MGA30・KRC-MGA30は料理によって炊き上がりを選択できるので、より美味しいということになりますね!

違い②:ヘルシーメニューの種類

RC-MGA30・KRC-MGA30とRC-MEA30は、いずれもヘルシーメニューを搭載していますが、選択できる種類に違いがあります。

RC-MGA30・KRC-MGA30は、糖質を約15%抑制する低糖質、おかゆ、麦飯、おこわ、雑穀米、発芽玄米・胚芽米・玄米・食物繊維米の9種類を選択できます。

RC-MEA30は、低糖質、おかゆ、麦飯、おこわ、雑穀米、玄米の6種類です。

炊飯器アドバイザー

温度を適切にコントロールして、食物繊維成分のでんぷんを増加させたごはん「食物繊維米」を選択できる、RC-MGA30・KRC-MGA30は、より健康に気を遣う人には、おすすめということになりますね!

違い③:自動メニューがあるかどうか

自動メニューとは、煮込みからケーキまで30種類の多彩なメニューを、炊飯器のスイッチを入れるだけで、簡単に作れてしまう便利な機能です。

RC-MGA30・KRC-MGA30には自動メニュー機能が付いています。

炊飯器アドバイザー

自動メニュー機能を利用すれば毎日の料理がもっと手軽になりますね!

違い④:炊飯釜が火釜か銅釜か

RC-MGA30とRC-MEA30の炊飯窯は、アイリスオーヤマ自慢の極厚火釜です。

KRC-MGA30は、アルミ層に加え、外側に熱伝導率の高い銅コートををほどこした極厚銅釜を採用しており、よりしっかりと熱を伝えおいしく炊き上がります。

RC-MGA30を選ぶメリットは簡単に料理も作れる自動メニュー機能

RC-MGA30は自動メニューが搭載されているので、スイッチひとつで30種類の料理が手軽に作れます。

RC-MEA30も同じ機能が付いていますが、アイリスオーヤマの標準炊飯釜を使用しているRC-MGA30の方が、2,000円ほど安く購入できます

初めての一人暮らしの人におすすめ

スイッチひとつで、本格的な煮込み料理からケーキまで、多彩な料理を作ることができるため、春から一人暮らしを始め、自炊生活をスタートする人におすすめです。

デザインもコンパクトで可愛らしいため、おしゃれな部屋で暮らしたい方にもぴったりです。

KRC-MGA30を選ぶメリットは極厚銅釜

KRC-MGA30を選ぶメリットは、極厚銅釜です。

熱伝導性と蓄熱性のバランスが取れたこだわりの極厚釜により、上下から釜を包み込むように炊き上げるので、うま味を逃がさず、ふっくらと炊き上がります。

よりおいしいごはんを食べたい人におすすめ

KRC-MGA30は、RC-MGA30と同様に機能も充実していますが、極厚銅釜を使用しているため、RC-MGA30よりも価格が高く設定されています。

「少し高くても、もっとおいしいごはんを食べたい」という方にはおすすめの炊飯器です。

RC-MEA30を選ぶメリットは価格

RC-MEA30を選ぶメリットは、RC-MGA30とRC-MEA30に比べ、価格が安い点です。

KRC-MGA30と比べると、約2,000円安い価格で購入ができます。

価格をおさえたい人におすすめ

RC-MEA30は、50銘柄の炊き分けと、食感・炊き上がりを9通り選択できるなど、炊飯に関する機能は多彩でありながら、コスパもよいため、少しでも価格を抑えて炊飯器を購入したい方におすすめです。

RC-MGA30の口コミ・評判

RC-MGA30の口コミ・評判

RC-MGA30の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

音が殆ど無く静かに炊けるのに驚いた。炊き上がりは柔らかめで優しい炊き上がり

小柄で素敵なデザインです。ご飯も美味しく炊けました!

中蓋も取りやすくお手入れも簡単

悪い口コミ

説明書にもありますが、玄米はちょっと保温には向かないです。ボソボソになりました

表示分が個人的に好ましくない位けど良いものです

炊飯能力は以前使用していた物は圧力IHだったので火力の違いで劣る感じ

KRC-MGA30の口コミ・評判

KRC-MGA30の口コミ・評判

KRC-MGA30の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

米屋の旨み炊飯器の方が遥かに美味しく炊けました

ピッタリ一人暮らし用と記載してあり、助かりました

セットのしゃもじも、米がつきにくくて使いやすいと思います!

悪い口コミ

この値段ならこんなもんなのかなといった感じです

操作性も普通。ご飯の炊きあがりも普通でした

24時間しか保温されず、勝手に切れてしまいます

RC-MEA30の口コミ・評判

RC-MEA30の口コミ・評判

RC-MEA30の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

予約時間の設定が十分単位でできるので助かります

コスパ◎3人家族に丁度良い。お勧めです

銘柄なども選べてこの価格ならお買い得だと思います

悪い口コミ

ごはんが釜にすごくへばり付く

ディスプレイの表示が薄くてみにくいです

炊いた後保温切ると水滴がすごい

RC-MGA30とKRC-MGA30とRC-MEA30の違いまとめ

RC-MGA30、KRC-MGA30、RC-MEA30の違いをまとめると、以下のようになります。


RC-MGA30

KRC-MGA30

RC-MEA30
サイズ幅215×奥行260×高さ198(㎜)幅215×奥行260×高さ198(㎜)幅232×奥行274×高さ(㎜)
重さ2.6Kg2.6Kg2.8Kg
カラーホワイト/ブラックディープブルーホワイト/ブラック
炊飯容量(最大)3合3合3合
定格消費電力
(炊飯時)
 485W 485W 475W
1回あたりの炊飯時消費電力量113.7Wh113.7Wh112.0Wh
極厚火釜極厚銅釜極厚火釜
銘柄炊き50銘柄50銘柄50銘柄
炊飯メニュー3種類
(もっちり、ふんわり、粒立ち)
3種類
(もっちり、ふんわり、粒立ち)
3種類
(もっちり、ふつう、しゃっきり)
炊きあがり5種類
(カレー、丼、おむすび、すし飯、冷凍ごはん)
5種類
(カレー、丼、おむすび、酢飯、冷凍ごはん)
3種類
(やわらか、ふつう、かため)
ヘルシーメニュー9種類9種類6種類
自動メニュー30種類30種類なし
価格11,880円 13,662円11,362円
各製品の比較

以上のことから、炊飯メニューなどのメニューの豊富さや大きさは、RC-MGA30とKRC-MGA30は変わりはなく、カラーバリエーションと内窯の種類、金額に違いがあることがわかります。

デザインや、機能が多い炊飯器を選びたい人は、RC-MGA30とKRC-MGA30

日々の電気料金を、少しでも節約したい人は、RC-MEA30を選ぶのが良いと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次