\ ブラックフライデー残り1日 /

【エアウィーヴ】通常と通販限定モデルの違いを比較!おすすめはどっち?

当サイトのリンクには広告が含まれている場合があります。
【エアウィーヴ】通常と通販限定モデルの違いを比較

エアウィーヴには、通販限定モデルがあることをご存じでしょうか?

通常のモデルは、店舗や公式オンラインショップで購入できますが、通販限定モデルはその名の通り、通販でしか手に入れることができない商品になっています。

今回は、エアウィーヴの商品から

  • 通常
  • 通販限定モデル

の違いについて、詳しく解説していきます。

それぞれの違いを表で確認したい人はこちらへ(記事下に移動します)。

目次

エアウィーヴの通常と通販限定モデルの違いを比較してみた

通常通販限定モデルの違いですが、以下の点が異なります。

以下、エアウィーブの四季布団で比較します。

  • 中材(エアファイバー)の素材

詳しく見ていきましょう!

違い:中材(エアファイバー)の素材

通常通販限定モデルは、中材(エアファイバー)使われている素材に違いがあります。

  • 通常…ポリエーテルエステル系樹脂
  • 通販限定モデル…ポリエチレン樹脂

通常の中材(エアファイバー)の素材は、耐熱強化素材のポリエーテルエステル系樹脂を採用。

通販限定モデルと比較すると、通常の商品の方が耐熱性が高いです。

ポリエーテルエステル系樹脂の耐熱温度は100度なので、電気毛布や湯たんぽ、布団乾燥機などの暖房器具を使用することができます。

寝具アドバイザー

寝心地が大きく変わるということはありません。

通常通販限定モデルで違いがあるのは四季布団のみです。

他の商品(マットレスパッドなど)は、期間限定セールの時に価格が変動することを除き、特徴に大きな違いはありません。

通常を選ぶメリットは使い勝手が良いこと

通常を選ぶメリットは、使い勝手が良いことです。

耐熱強化素材を使用しているので、暖房器具や乾燥機も使うことができます。

乾燥が終わった後、中から素材がポロポロと溶け出してくるという心配がありません。

寒がりな人におすすめ

この商品は耐熱という点が優れており、熱さによる破損の心配がいらないため、寒い冬の時期に電気毛布などの暖房器具を併用することができます。

布団乾燥機をよく使う人には、特におすすめです。

\年間最大セール!Amazonブラックフライデー/
Amazon
\ブラックフライデー残り1日/
楽天市場

通販限定モデルを選ぶメリットはお手入れがしやすいこと

通販限定モデルを選ぶメリットは、お手入れがしやすいことです。

通常の商品と比べると、重量が軽いことから、洗ったり乾かしたりするお手入れや掃除のときの移動が楽になります。

移動させることが多い人におすすめ

この商品は、通常の商品と比較すると軽く、収納する時などの移動や持ち運びが楽にできるため、身体にかかる負担が軽減します。

日中は寝具をしまっている人には特におすすめです。

通常の口コミ・評判

通常の口コミ・評判

通常の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

1枚で使えるのが良い

腰痛が改善した

耐久性がある

悪い口コミ

重いので動かしづらい

柔らかすぎる

通販限定モデルの口コミ・評判

通販限定モデルの口コミ・評判

通販限定モデルの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

軽いのでお手入れが楽

厚みが丁度よい

抗菌・防臭加工がありがたい

悪い口コミ

届くまでが遅い

セール期間にならないと安く購入できない

エアウィーヴの通常と通販限定モデルの違いまとめ

通常通販限定モデルの違いをまとめると、以下のようになります。


通常

通販限定モデル
発売日2010年2020年
重量
(セミダブルサイズ)
約10㎏約9㎏
中材(エアファイバー)の素材ポリエーテルエステル系樹脂ポリエチレン樹脂
抗菌・防臭加工なしあり
価格
(税込)
127,600円128,800円
各製品の比較

なお、価格は記事執筆時点のものですので、最新の値段に関しては下部にある商品のリンク先(Amazon, 楽天, Yahooなど)からご確認ください。
※セール期間中などは、表示価格よりもかなり安くなっていることがあります

以上のことから、冬場に暖房器具を使う人や、日干しができない人通常

少しでも軽いものが良い人や、収納回数が多い人は、通販限定モデルを選ぶのが良いと思います。

\年間最大セール!Amazonブラックフライデー/
Amazon
\ブラックフライデー残り1日/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次