象印BB-ST10とBB-SS10の違いを比較!おすすめはどっち?

本ページはプロモーションが含まれています
象印BB-ST10とBB-SS10の違いを比較

ホームベーカリーを使って、焼きたてのパンを食べたい!という方は多いのではないでしょうか。

この記事では、象印ホームベーカリーの人気商品である

  • BB-ST10
  • BB-SS10

の違いについて、詳しく解説していきます。

それぞれの違いを表で確認したい人こちらへ(記事下に移動します)。

目次

BB-ST10、BB-SS10の違いを比較してみた

BB-ST10BB-SS10の違いですが、以下の点が異なります。

  • 薄力粉コースの有無
  • 食パンのサイズ
  • イースト投入

詳しく見ていきましょう!

違い①:薄力粉コースの有無

BB-ST10には、薄力粉で食パンを作れるコースが搭載されています。

パンを作るために新しい強力粉を購入する必要がなく、手元にある薄力粉で食パンを焼けるのはうれしいですね。

ホームベーカリーアドバイザー

薄力粉のほうが安価なので、お財布にも優しいです!

違い②:食パンのサイズ

BB-ST10BB-SS10の容量は、どちらも一斤です。

食パンを作る際は、基本的に一斤分のパンが焼きあがります。

しかし、単身世帯の人や外食の機会が多い人は、食パンを一斤消費することが難しい場合もあるでしょう。

BB-ST10には、ハーフサイズの食パンを作れる機能があるので、少しだけパンを焼きたいときも柔軟に対応できます。

ホームベーカリーアドバイザー

難易度の高い、少ない材料でのパン作りが手軽にできます

違い③:イースト投入

BB-SS10は、食パンを作る際に自分でドライイーストを投入します。

機械に頼らず自分で作業するので、気温や生地の性質にあわせて調整しやすいです。

BB-ST10は、蓋の裏にあるケースにドライイーストをセットします。

最適のタイミングになると自動投入されるため、タイマー機能を使ってもふっくらとしたパンが焼きやすくなっています。

ホームベーカリーアドバイザー

BB-ST10のイーストを入れるケースは、取り外して丸洗いできます!

BB-ST10を選ぶメリットは機能の多さ

BB-ST10を選ぶメリットは、機能の多さです。

薄力粉コースやハーフパンコースをはじめ、全部で26種類のオートメニューとホームメイドコースがあります。

パン作りを機械に任せたい人におすすめ

ドライイーストの自動投入機能など、BB-ST10にはパン作りがしやすくなる機能がたくさん搭載されているのが特徴です。

機械が自動でパンを作ってくれるので、スイッチを押したあとは放置していても問題ありません。

具入り食パンを作る場合も、専用のコースがあるので、途中で取り出さなくてもキレイにパンが焼けます。

BB-SS10を選ぶメリットはコスパのよさ

BB-SS10を選ぶメリットは、コスパのよさです。

BB-ST10に比べて、機能が少ない分、価格が安くなっています

購入費用をおさえたい人におすすめ

BB-SS10BB-ST10の旧モデルのため、安い中古品が多く出回っています。

販売当初の定価は50,000円でしたが、現在は新品でも20,000~30,000円で入手可能です。

基本的な機能はBB-ST10と変わりませんので、普通の食パンを焼く分にはBB-SS10を購入するほうがお得になります。

BB-ST10の口コミ・評判

BB-ST10の口コミ・評判

BB-ST10の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

イースト菌のにおいを抑えたパンが焼ける

タイマー機能が使いやすい

耐久性が高い

悪い口コミ

稼働音がうるさい

大きいので置き場所に困る

焼き上がりが好みの食感ではない

BB-SS10の口コミ・評判

BB-SS10の口コミ・評判

BB-SS10の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

安いのにおいしいパンが焼ける

お手入れしやすい

ケースからパンを取り出すのが簡単

悪い口コミ

重いので動かすのが大変

開閉音が大きい

イーストを自分で入れるのが面倒

BB-ST10とBB-SS10の違いまとめ

BB-ST10BB-SS10の違いをまとめると、以下のようになります。


BB-ST10

BB-SS10
発売日2016年2013年
薄力粉コースありなし
食パンのサイズ1斤・ハーフ1斤
イースト投入自動手動
価格
(税込)
40,480円27,427円
各製品の比較

なお、価格は記事執筆時点のものですので、最新の値段に関しては下部にある商品のリンク先(Amazon, 楽天, Yahooなど)からご確認ください。
※セール期間中などは、表示価格よりもかなり安くなっていることがあります

以上のことから、ホームベーカリーのさまざまな機能を試したい人BB-ST10

コストを抑えつつ、おいしい食パンが焼ける製品がほしい人は、BB-SS10を選ぶのが良いと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次