G703・G703h・G603(ロジクールのマウス)の違いを比較!おすすめはどれ?

本ページはプロモーションが含まれています
G703・G703h・G603(ロジクールのマウス)の違いを比較

PCゲームをプレイする時、どんなマウスを使うかで他の人とのゲームスキルに差が生まれます。

キャラクターを正確に動かしたり敵に標準を合わせたりと、マウスの良しあしが勝敗を分けると考える人も多いでしょう。

ゲーミングマウスは様々なメーカーから発売されていますが、値段が高いものから安いものまでいろいろあります。

同じようなゲーミングマウスでも細かい性能が色々と違うので、どれが自分に合うマウスなのか悩みますよね。

この記事では、ロジクールのゲーミングマウス、

  • G703
  • G703h
  • G603

の違いについて、詳しく解説していきます。

目次

G703、G703h、G603の違いを比較してみた

G703G703hG603の違いですが、以下の点が異なります。

  • バッテリー方式
  • 連続動作時間
  • DPI精度
  • Bluetooth機能があるかどうか
  • HI/LOモードがあるかどうか

詳しく見ていきましょう!

違い①:バッテリー方式

違いの1つ目は、マウスのバッテリー方式です。

G703G703hは内臓バッテリー方式で、ケーブルを使って充電することでマウスが使えます。

G603は乾電池方式で、マウス内に乾電池を入れることで使用可能です。

マウスアドバイザー

G603は乾電池を入れるだけですぐに使えるマウスですね!

違い②:連続動作時間

違いの2つ目は、マウスの連続動作時間です。

G703は、最大32時間マウスが使用可能です。

G703hは、最大60時間使用できます。

G603は、最大18か月間使えるマウスとなっています。

マウスアドバイザー

G603は、約一年半も使える超高寿命マウスですね!

違い③:DPI精度

違いの3つ目は、マウスのDPI精度の違いです。

G703G603は200~12000DPI、G703h100~25600DPIで操作が可能です。

DPIは、マウスを動かす時、どのくらいカーソルが動くかの単位になります。

DPIが高ければ高いほど、小さな動作で画面上のカーソルを大きく動かすことが可能です。

G703G703hG603DPIの数字を自由に変更することができ、自分に合った数字でカーソルの動きを調整できるようになっています。

マウスアドバイザー

G703hは、高い解像度のパソコンでもカーソルを素早く動かせますね!

違い④:Bluetooth機能があるかどうか

違いの4つ目は、マウスにBluetooth機能が搭載されているかどうかの違いです。

G603はBluetoothによるデバイスとの接続が可能で、パソコンやスマホにBluetooth機能が搭載されている場合はレシーバーなしでマウスが使えます。

G703G703hはBluetooth機能が搭載されておらず、レシーバーを使用しないとマウスを使うことができません。

違い⑤:HI/LOモードがあるかどうか

違いの5つ目は、「HI/LOモード」があるかどうかの違いです。

G603は、マウスの裏面に「HI/LOモード」を切り替えるスイッチが搭載されています。

「HIモード(ゲームモード)」は、消費電力が高くなる代わりに、センサーの感度が上がって、より細かな操作ができます。

「LOモード(通常モード)」は、センサーの感度は低いですが、その分省電力で長時間マウスを使用できます。

マウスアドバイザー

ちなみに違い2つ目のG603の連続動作時間の18か月は、「LOモード(通常モード)」時の使用時間です!

G703を選ぶメリットは他のマウスよりも価格が安いこと

G703を選ぶメリットは、価格が安いことです。

G703hG603よりも、安い価格で購入可能です。

コスパの高いゲーミングマウスが欲しい人におすすめ

G703は、コスパの高いゲーミングマウスが欲しい人におすすめです。

G703hG603に比べて連続使用時間やDPI精度などの性能で劣りますが、その分価格が安いので、

「あまりお金をかけたくない」

「そこそこの性能のゲーミングマウスであればよい」

という人にぴったりです。

G703hを選ぶメリットはDPI精度が高いこと

G703hのメリットは、DPI精度が高いことです。

100~25600DPIの範囲で自由に調整してマウスが操作できます。

PCゲームをプレイする人におすすめ

G703hは、PCゲームをプレイする人におすすめです。

DPIの精度が100~25600DPIと広範囲になっていて、マウスの動きをより細かく調整できるので、FPSやMMOなどの、繊細な操作が必要なゲームをプレイする人にぴったりです。

また、細かい作業が必要なイラスト作成や、設計図作成の作業をする人もG703hを選ぶと良いでしょう。

G603を選ぶメリットは連続使用時間が長いこと

G603を選ぶメリットは、連続使用時間が長いことです。

単三電池2本の使用で、最大18か月間使用できるマウスになっています。

充電や電池交換が手間だという人におすすめ

G603は、充電や電池交換が手間だと感じている人におすすめです。

G603は「LOモード(通常モード)」で最大18か月間使用できるので、電池交換の手間が少なくなり、作業効率が上がります。

またBluetooth機能が搭載されているので、使用するデバイスにBluetooth機能が搭載されていれば、マウスのレシーバーの分のUSBポートをキーボードやUSBメモリに割り当てられるので、デバイスの抜き差しの手間が減ります。

G603は、「より効率よく作業がしたい」という人にぴったりです。

G703の口コミ・評判

G703の口コミ・評判

G703の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

クリックやホイールは操作しやすい

充電切れ前に通知してくれる

ゲームがプレイしやすい

悪い口コミ

スクロールが意図しない動きをする

たまにセンサーが反応しない

Bluetooth接続ができない

G703hの口コミ・評判

G703hの口コミ・評判

G703hの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

見た目がカッコイイ

使用感が良い

電池いらずで便利

悪い口コミ

ソフトウェアがよくわからない

1年でスクロールが壊れた

スクロールボタンを間違って押してしまう

G603の口コミ・評判

G603の口コミ・評判

G603の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

持ちやすい形状

裏のボタンでBluetooth接続に変えられて便利

電池一本でも使える

悪い口コミ

ホイールが故障しやすい

表面がすべすべで持ち上げにくい

サイドボタンが誤作動する

G703G703hG603の違いまとめ

G703G703hG603の違いをまとめると、以下のようになります。


G703

G703h

G603
発売日2017年9月2019年6月2017年9月
バッテリー方式内臓バッテリー内臓バッテリー乾電池
連続動作時間約32時間約60時間約18か月
DPI200~12000DPI100~25600DPI200~12000DPI
Bluetoothなしなしあり
HI/LO モードなしなしあり
サイズ
(幅:高さ:奥行)
68mm
×
43mm
×
124mm
68mm
×
43mm
×
124mm
68mm
×
43mm
×
124mm
重さ108g95g136g(電池使用時)
価格
(税込)
4,871円8,100円6,900円
各製品の比較

まとめると、コスパの高いゲーミングマウスが欲しい人は、G703

PCゲームをプレイする人やイラスト作成、設計図作成をする人は、G703h

長時間使用できるゲーミングマウスが良い人は、G603がおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次