MXTB1sとM575とM575sの違いを比較!どれがおすすめ?

本ページはプロモーションが含まれています
MXTB1sとM575とM575sの違いを比較

マウス自体を動かすことなく、専用のボールを動かしてカーソルを動かせるトラッキングボールマウス

トラッキングボールマウスは腕を動かさず指先だけで操作ができるので、長時間作業しても手が疲れにくいです。

パソコン用品で人気のメーカー『ロジクール』は、多数のトラッキングボールマウスを発売しています。

ただ、同じようなトラッキングボールマウスでも、それぞれのマウスにどんな違いがあるかかよくわからないという方も多いでしょう。

この記事では、ロジクールのトラッキングボールマウス、

  • MXTB1s
  • M575
  • M575s

の違いについて、詳しく解説していきます。

目次

MXTB1s、M575、M575sの違いを比較してみた

まず、M575M575sの違いですが、この2つのマウスはほぼ同じマウスとなっています。

保証期間がM575sが1年、M575が2年という違いと、M575sのカラーがブラックであるという違いのみです。

ただブラックといっても、M575のグラファイトのカラーとそれほど大きな違いはありません。

値段についても、販売時期や販売店によって多少の違いはありますが、もともとの販売価格は同じであるので、M575M575sは同じマウスと言えるでしょう。

マウスアドバイザー

保証期間が長い方がいい場合は、M575を選べばいいということですね!

では、MXTB1sM575(M575s)の違いですが、以下の点が異なります。

  • 電源方式
  • 重さ
  • ボタン数
  • 対応OS

詳しく見ていきましょう!

違い①:電源方式

1つ目の違いは、電源方式の違いです。

MXTB1sのマウスはバッテリー式で、充電ケーブルによって充電が可能となっています。

M575(M575s)電池式になっており、単三電池一本で使用可能です。

違い②:重さ

2つ目の違いは、マウスの重さの違いです。

MXTB1sのマウスの重さは、約262gになってます。

それに対してM575(M575s)のマウスの重さは、約145gです。

MXTB1sのマウスは、裏側に約90g程度の金属プレートが付いてるため、その分マウスがズレにくく安定感があり、快適にマウスを使用できます。

マウスアドバイザー

MXTB1sは本体が重くなっているので、操作時にマウス自体が勝手に動くことがなく、操作ミスが減りますね!

違い③:ボタン数

3つ目の違いは、マウスについているボタン数の違いです。

MXTB1sのマウスには、以下の8つのボタンが搭載されています。

  • 左クリック
  • 右クリック
  • スクロールホイール
  • 横スクロールボタン
  • 進むボタン
  • 戻るボタン
  • Easy-Switchボタン
  • プレシジションモードボタン

M575(M575s)のマウスには、以下の5つのボタンがあります。

  • 左クリック
  • 右クリック
  • スクロールホイール
  • 進むボタン
  • 戻るボタン

MXTB1sのマウスの『Easy-Switchボタン』は、複数のパソコンを使用してる時、ボタン一つで簡単にペアリングを変えることができるスイッチです。

『プレシジションモードボタン』は、マウスカーソルの移動速度を切り替えられるボタンで、ボタンを押すことで移動速度が早いモードと遅いモードの2つを使い分けることができます。

違い④:対応OS

4つ目の違いは、対応OSの違いです。

MXTB1sのマウスは、以下のOSに対応しています。

  • Windows
  • Mac
  • iPad
  • Chrome
  • Linux

M575(M575s)のマウスで対応しているのは、以下のOSです。

  • Windows
  • Mac
  • iPad
マウスアドバイザー

MXTB1sのマウスはいろんなOSのパソコンで使用可能ですね!

MXTB1sを選ぶメリットは高性能なマウスであること

MXTB1sのマウスを選ぶメリットは、高性能なマウスであることです。

8つのボタンが使用できたり、様々なOSに対応しているマウスになっています。

様々なパソコンで作業する人におすすめ

MXTB1sのマウスは、色々なパソコンを使って作業する人におすすめです。

MXTB1sのマウスにはEasy-Switchボタンが搭載されており、ボタン1つでペアリングが切り替えられるため、複数のパソコンで作業する人にぴったりです。

また、ChromeやLinuxのOSに対応していることから、ChromeやLinuxのOSのパソコンで使いたいという人はMXTB1sのマウスを選ぶと良いでしょう。

M575(M575s)を選ぶメリットは価格の安さ

M575(M575s)のマウスを選ぶメリットは、価格の安さです。

MXTB1sのマウスよりも安い価格で購入できます。

価格の安いトラッキングボールマウスが欲しい人におすすめ

M575(M575s)のマウスは、安い価格のトラッキングボールマウスが欲しい人におすすめです。

M575(M575s)のマウスは、ボタン数や対応OSの点でMXTB1sには劣っていますが、その分安い値段で買うことができ、「値段をなるべく抑えたい」という人にぴったりのマウスになっています。

MXTB1sの口コミ・評判

MXTB1sの口コミ・評判

MXTB1sの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

トラックボールマウスとしては最上級の精度

角度が変えられるのが良い

デザインに重厚感がある

悪い口コミ

クリック音がうるさい

フィット感が微妙

ボタン数が少ない

M575(M575s)の口コミ・評判

M575(M575s)の口コミ・評判

M575(M575s)の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

手に馴染むフィット感

使いやすさはピカイチ

電池を入れてすぐ使えるのが良い

悪い口コミ

別に買わなくても良かった

Bluetoothがちょっと遅延する

デザインの高級感がない

MXTB1sとM575とM575sの違いまとめ

MXTB1sM575M575sの違いをまとめると、以下のようになります。


MXTB1s

M575

M575s
発売日2017年9月2020年11月2020年11月
電源方式バッテリー式電池式電池式
ボタン数8つ5つ5つ
対応OSWindows
Mac
iPad
Chrome
Linux
Windows
Mac
iPad
Windows
Mac
iPad
接続方式Unifying USB
Bluetooth
Unifying USB
Bluetooth
Unifying USB
Bluetooth
Logicool Options対応対応対応
サイズ
(横:縦:厚み)
10cm
×
13cm
×
5cm
10cm
×
13cm
×
5cm
10cm
×
13cm
×
5cm
重さ262g145g145g
価格
(税込)
15,200円9,800円6,360円
各製品の比較

以上のことから、いろいろなOSのパソコンで使えるトラッキングボールマウスが欲しい人は、MXTB1s

価格の安いトラッキングボールマウスが欲しい人は、M575(M575s)がおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次