スロークッカーとシャトルシェフをの違いを比較!どっちがおすすめ?

本ページはプロモーションが含まれています
スロークッカーとシャトルシェフをの違いを比較

時間のかかる煮込み調理をラクにしてくれる長時間加熱調理器

鍋をそばで見守る必要がないのでとても便利ですが、各メーカーから様々な商品が発売されていて、どれを選べばいいのか迷いますよね。

この記事では、長時間加熱ができる調理器の中から、

  • アイリスオーヤマ スロークッカー
  • サーモス シャトルシェフ

の違いについて、詳しく解説していきます。

それぞれの違いを表で確認したい人こちらへ(記事下に移動します)。

目次

スロークッカー、シャトルシェフの違いを比較してみた

アイリスオーヤマのスロークッカー(PSC-20K-W)サーモスのシャトルシェフ(KBJ-3001)の違いですが、以下の点が異なります。

  • 調理可能容量
  • 調理の準備
  • 調理方法

詳しく見ていきましょう!

違い①:調理可能容量

比較するアイリスオーヤマのスロークッカー、PSC-20KーWと、サーモスのシャトルシェフ、KBJ-3001では、調理可能容量が異なります。

スロークッカーPSC-20KーWは、約1.6LシャトルシェフKBJ-3001は、約2.8Lとなっています。

キッチン家電アドバイザー

KBJ-3001が多く作れて多人数向きということになりますね!

違い②:調理の準備

スロークッカーPSC-20K-WシャトルシェフKBJ-3001は、調理の準備の仕方が違います。

スロークッカーは、食材を切って入れてスタート

スロークッカーPSC-20K-Wは、材料を切って、入れたらスイッチオンで調理をスタートすることができます。

シャトルシェフは、最初の加熱が必要

シャトルシェフKBJ-3001は、調理の最初に自分で鍋を加熱する必要があります。

最初の加熱によって、火の通り具合を自分で調節できるほか、材料を炒めてから煮込み調理をすることができます。

キッチン家電アドバイザー

スロークッカーのほうが、セットするまでがより簡単ということになりますね!

違い③:調理方法

食材を調理する方法が、スロークッカーシャトルシェフでは違います。

スロークッカーは、電気式で温度を一定に保つ

スロークッカーは、電気によって加熱を続けながら調理をします。

最大98℃前後で、沸騰させずにゆっくりと加熱することで、煮崩れの心配なく長時間煮込むことができます。

シャトルシェフは、保温調理

シャトルシェフは、真空断熱技術を使って、保温調理をする、真空保温調理機です。

火にかけた鍋を保温容器に入れて、その余熱で食材に火を通す、保温調理ができる調理機器です。

長時間高温を維持できるので、火にかけなくても余熱でじっくり煮込んだ料理を作ることができます。

スロークッカーを選ぶメリットは温度調整ができる事

スロークッカーPSC-20K-Wを選ぶメリットは、温度の調整ができる事です。

料理に応じて温度を変えたり保温設定をすることもできます。

自分好みの料理をしたい人におすすめ

スロークッカーは、様々な料理に適した温度設定が可能です。

作りたい料理に合わせて加熱の強さを調節することができるので、自分好みに調整して料理をしたい人におすすめです。

スロークッカーの他の商品を、

Amazonで検索する

楽天で検索する

Yahoo!で検索する

シャトルシェフを選ぶメリットは電源不要なこと

シャトルシェフKBJ-3001を選ぶメリットは、電源が不要なことです。

電源コードがないので、置き場所を選びません

コスト、安全性重視の人におすすめ

シャトルシェフは、セットする前に加熱調理をする必要がありますが、鍋に入れた後は完全にほったらかしにできます。

電源が不要なので、シャトルシェフでの保温中は電気代もかかりません

また、不在中でも通電していませんので完全に安全です。

シャトルシェフの他の商品を、

Amazonで検索する

楽天で検索する

Yahoo!で検索する

スロークッカーPSC-20KーWの口コミ・評判

スロークッカーPSC-20K-Wの口コミ・評判

スロークッカーPSC-20K-Wの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

使い方が簡単なので機械が苦手な方にもいいと思う

手入れが簡単。内なべが陶器でできていて汚れがつるっと落ちる

ゆっくり火を通すので、野菜のうまみがしっかりしている

悪い口コミ

タイマーがないので完全放置はできない

ホーローの内なべが重たい

取っ手がないので持ち運びや移し替えに注意が必要

シャトルシェフKBJ-3001の口コミ・評判

シャトルシェフKBJ-3001の口コミ・評判

シャトルシェフKBJ-3001の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

カレーなどを作るときに、途中で火から離すことができるので、重宝している

ガス代と時間の節約になる

ほぼ毎日料理に使っている

悪い口コミ

水が沸騰するまで時間がかかる

少し保温性が弱い気がする

スロークッカーとシャトルシェフの違いまとめ

スクロールできます

スロークッカー
PSC-20K-W

シャトルシェフ
KBJ-3001
発売日2020年2021年
本体サイズ幅21.2×奥行23.2×高さ21.3cm幅30.0×奥行24.0×高さ19.0cm
重量約2.2kg2.3kg
電源AV100Vなし
温度切り替え保温/弱/強なし
調理可能容量約1.6L2.8L
内なべ陶器製3層フッ素コーティング
価格
(税込)
2,980円11,000円
各製品の比較

なお、価格は記事執筆時点のものですので、最新の値段に関しては下部にある商品のリンク先(Amazon, 楽天, Yahooなど)からご確認ください。
※セール期間中などは、表示価格よりもかなり安くなっていることがあります

以上のことから、コストを抑えて、事前の準備も簡単なほうがいい人スロークッカー

安全性や電気代を重視する人はシャトルシェフを選ぶのが良いと思います。

スロークッカー

スロークッカーの他の商品を、

Amazonで検索する

楽天で検索する

Yahoo!で検索する

シャトルシェフ

シャトルシェフの他の商品を、

Amazonで検索する

楽天で検索する

Yahoo!で検索する

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次