\ 楽天ポイント最大11倍UP期間中! /

【シュプレモ】超小型犬用・小型犬用・成犬用の違いを比較!おすすめはどれ?

本ページはプロモーションが含まれています
【シュプレモ】超小型犬用・小型犬用・成犬用の違いを比較

アメリカの大手ペットフードメーカーが製造販売をするニュートロシュプレモ

シュプレモは栄養豊富な自然素材を最適にブレンドし、同じニュートロ製品のナチュラルチョイスとワイルドレシピよりも内容の濃いドッグフードとなっています。

その中で、定番シュプレモ

  • 超小型犬用
  • 小型犬用
  • 成犬用

の違いについて、詳しく解説していきます。

それぞれの違いを表で確認したい人はこちらへ(記事下に移動します)。

目次

超小型犬用、小型犬用、成犬用の違いを比較してみた

超小型犬用小型犬用成犬用の違いですが、以下の点が異なります。

  • サイズ展開
  • 100グラム当たりの単価
  • 粒の大きさ
  • 原材料
  • カロリー

詳しく見ていきましょう!

違い①:サイズ展開


シュプレモ小型犬用と超小型犬用と成犬用とでは、それぞれサイズ展開が異なります。

多頭飼いの家庭や運動量が多い子がいる家庭では、大容量が助かりますよね。

詳しく見てみましょう。

超小型犬用

  • 800g
  • 2kg
  • 4kg

小型犬用

  • 1kg
  • 3kg
  • 6kg

成犬用

  • 2kg
  • 4kg
  • 7.5kg
  • 13.5kg

超小型犬用より成犬用の方がサイズ展開が豊富となっています。

しかし6kg以上のサイズではパッケージにチャックがないため、早めに与えなければならないというデメリットもあります。

ペットアドバイザー

多頭飼いの家庭には成犬用が重宝しそうですね

違い②:100グラム当たりの単価

100グラム当たりの単価は以下の通りです。

超小型犬用

206~268円

小型犬用

208~254円

成犬用

202~239円

やはり容量がたくさん入っているもののほうが単価が安くなります。

ペットアドバイザー

成犬用の13.5kgが一番お得ということになりますね!

違い③:粒の大きさ

超小型犬用

超小型犬用は約0.7cm。

かなり小さめとなっています。

小型犬用

小型犬用は1.2~1.3cm。

成犬用

成犬用は1.6~1.7cm

中~大型犬向けといえます。

一言に小型犬といっても顎の小さい子や噛む力の弱い子もいますし、その子によって粒の大きさを数種類の中から選べるのは嬉しいですね。

違い④:原材料

まずシュプレモの特徴ですが、動物性原材料の豊富さが目を惹きます。

ミートファースト、フィッシュファーストを掲げているだけあって、当然メインには良質なチキンが使われていますが、そのほかにも「ラムミール」「サーモンミール」と肉と魚の両方が使われているのが素晴らしいですね。

超小型犬用小型犬用成犬用では原材料はほぼ同じものの、配分が少し違っていました。

超小型犬用は、粗挽き米やラムミールを多く使いたんぱく質や脂質をあげることにより偏食の多い超小型犬でも食いつきの良い仕上がりとなっています。

小型犬用は成犬用に比べ、オーツ麦や鶏脂を多く使いたんぱく質や脂質が高くなっていますが、超小型犬用に比べるとカロリーは控えられています。

成犬用はほかの2種と比べると、カロリーの低い大麦を多く使い、そのほかの配合もカロリーが抑え目な配分となっています。

ペットアドバイザー

超小型犬用のほうがより嗜好性の高いものということになりますね!

違い⑤:カロリー

原材料が違うことから、カロリーにも違いがありました。

超小型犬用 

380kcal

小型犬用

375kcal

成犬用

365kcal

シュプレモドッグフード小型犬用のカロリーは100gあたり約375kcalとなっています。

一般的ドッグフードの平均カロリーは100gあたり300~400kcalなので、シュプレモドッグフードは平均と言えるでしょう。

超小型犬用のカロリーが高い理由は、代謝エネルギーが高い、好き嫌いが多くなりがち、などの超小型犬の特徴に配慮しているためです。

超小型犬用を選ぶメリットは少ない量で高いエネルギーを得られること

超小型犬用を選ぶメリットは、愛犬が少食でも食べやすいということです。

カロリーが高いことで、少ない量でもエネルギー補給が期待できます。

愛犬が少食な人におすすめ

カロリーが高いことで、より多くのエネルギーを補給することができるため、愛犬がなかなか決まった量を食べてくれないと困っている人にもおすすめです。

小型犬用を選ぶメリットは丁度良さ

小型犬用を選ぶメリットは、だいたいの小型犬に丁度良いことです。

粒は超小型犬用に比べて少し大きくなるものの、大き過ぎず小さ過ぎず小型犬には丁度良い大きさです。

よく食べる子や、多頭飼いの家庭にも6kgのサイズ展開があるのは嬉しいですよね。

迷ったらおすすめ

「喰いつきはいいんだけど超小型犬用の粒では物足りなそう」

「運動量は多いけどカロリーが高すぎるものをあげるのはちょっと…」

というかたには、丁度良いこちらがおすすめです。

成犬用を選ぶメリットはカロリーが他より低いこと

成犬用を選ぶメリットは、ほかに比べカロリーが低いことです。

超小型犬用小型犬用に比べて、たくさん食べられることがメリットです。

愛犬のカロリーが気になる人におすすめ

粒も大きく食べ応えがあり、カロリーも他に比べて低いため、運動量の少ない子や肥満気味の子に特におすすめです。

カロリーを気にして量が少なくなるのは、愛犬が可哀そうですもんね。

超小型犬用の口コミ・評判

超小型犬用の口コミ・評判

超小型犬用の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

食べむらが減りました。

飽きずによく食べます。

超小型犬用のほうが目ヤニが落ち着きます。

悪い口コミ

高いです

お値段が高くなってしまったので、続けるか検討中です。

うちの子には体質的に合わなかったようで中止しました。

小型犬用の口コミ・評判

小型犬用の口コミ・評判

小型犬用の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

犬2匹目を家族に迎えたので、大きめのドックフードを探してました。

良く食べます。排便も問題ないので続けて購入しています。

動物病院でおすすめされたので、なんかいろいろいいらしい。

悪い口コミ

小型犬用となっていますが、粒がかなり大きいので、小型犬向きではないという感じ。

成犬用の口コミ・評判

成犬用の口コミ・評判

成犬用の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

好き嫌いの多いうちのわんちゃんもよく食べてくれます。

我が家の子たちには、味、匂い、食感共にあっているようで、飽きずに食べてくれています。

お得だと思う

悪い口コミ

食い付きも良く毛艶も良いのでリピ購入してましたが金額が上がり過ぎて断念。

超小型犬用と小型犬用と成犬用の違いまとめ

超小型犬用小型犬用成犬用の違いをまとめると、以下のようになります。


超小型犬用

小型犬用

成犬用
サイズ展開800g
2kg
4kg
1kg
3kg
6kg
2kg
4kg
7.5kg
13.5kg
100グラム当たりの単価206~268円208~254円202~239円
粒の大きさ約0.7cm約1.2~1.3cm約1.6~1.7cm
原材料粗挽き米やラムミールを多く使い、たんぱく質や脂質をあげることにより、偏食の多い超小型犬でも食いつきの良い仕上がりオーツ麦や鶏脂を多く使い、たんぱく質や脂質が高くなっているが、カロリーはやや控えめな仕上がりオーツ麦より大麦を多く使い、そのほかの配合もカロリーが控えめな仕上がり
カロリー380kcal375kcal365kcal
各製品の比較

なお、価格は記事執筆時点のものですので、最新の値段に関しては下部にある商品のリンク先(Amazon, 楽天, Yahooなど)からご確認ください。
※セール期間中などは、表示価格よりもかなり安くなっていることがあります

愛犬の体格や年齢・体質に合わせて選択することができます。

以上のことから、運動量の少ない子、少食な子超小型犬用

運動量も多く、よく食べる子は、小型犬用を選ぶのが良いと思います。

体重が気になり、かつ顎がそこまで小さくない子は、成犬用を選ぶのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次