\ 楽天ポイント最大11倍UP期間中! /

ES1ライン・EQ1/EQ2ライン・DS1ラインの違いを比較!おすすめはどれ?

本ページはプロモーションが含まれています
ES1ライン・EQ1/EQ2ライン・DS1ラインの違いを比較

毎日の天気予報、日経株価、事件や事故などのニュースが見られる家電といえば、テレビです。

テレビは様々なメーカーから発売されていますが、その中でもシャープのテレビが人気となっています。

この記事では、シャープから発売されているテレビ、

  • ES1ライン
  • EQ1/EQ2ライン
  • DS1ライン

の違いについて、詳しく解説していきます。

目次

ES1ライン、EQ1/EQ2ライン、DS1ラインの違いを比較してみた

ES1ラインEQ1/EQ2ラインDS1ラインの違いですが、以下の点が異なります。

  • 画像処理エンジンのバージョン
  • 液晶パネル
  • スピーカーシステム
  • 回転式スタンド

詳しく見ていきましょう!

違い①:ES1ラインとEQ1/EQ2ラインには「Medalist S3」が採用されている

ES1ラインEQ1/EQ2ラインDS1ラインでは、映像の画像処理に関する機能に違いがあります。

DS1ライン「Medalist S2」の画像処理エンジンが使われているのに対して、ES1ラインEQ1/EQ2ラインでは「Medalist S3」が採用されています。

「Medalist S2」は8Kの画質処理技術を使った4K画像の画像処理エンジンですが、「Medalist S3」はそれよりもさらにバージョンアップしている画像処理エンジンです。

「Medalist S3」はAIを使った画像処理エンジンで、100万以上の映像を学習したAIが、人の顔や空といったオブジェクトを見分けます。

さらにそれにドラマ、スポーツなどの番組のジャンルを自動的に仕分けしたうえで、その番組に最適な色彩や明るさ、暗さなどを自動的に調整してくれます。

例えば夕焼けの映像なら薄暗い、朝日の映像なら明るい色彩の調整がされた映像を、AIが自動で判断して映してくれます。

違い②:ES1ラインとDS1には「S-Brightパネル」が使われている

ES1ラインEQ1/EQ2ラインDS1ラインでは、液晶パネルに違いがあります。

EQ1/EQ2ラインには「有機ELパネル」、ES1ラインDS1ラインには「S-Brightパネル」を搭載しています。

「S-Brightパネル」はシャープ独自の技術の液晶パネルであり、パネルの発光による熱を抑える構造をしており、光や影などの深い黒の漆黒から明るい光の光彩まで、映像の中の明暗表現の違いをよりリアルに再現しています。

テレビアドバイザー

「S-Brightパネル」では、アニメなどの光や影の表現をよりリアリティある映像で楽しめますね!

違い③:ES1ラインでは「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS」を搭載

ES1ラインEQ1/EQ2ラインDS1ラインでは、スピーカーシステムが異なります。

EQ1/EQ2ラインDS1ラインには、「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」というシステムが使われています。

「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」はシャープ独自のスピーカーシステムであり、合計7個のスピーカーがテレビに内蔵されていて、映像の音声を効率的にテレビ前方に出力しています。

ES1ラインには、「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」よりもパワーアップした「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS」が搭載しています。

「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS」は合計11個のスピーカーがテレビに内蔵されており、テレビの上側に搭載したスピーカーがテレビを見る人に向けて効率的に音声を届けてくれます。

また、スピーカーの配置が上下にバランスよく設置されており、テレビの音声を聞き取りやすく、そして臨場感たっぷりのサウンドを流してくれます。

テレビアドバイザー

ES1ラインでは、音楽番組の音声をより迫力ある音声で届けてくれますね!

違い④:ES1ラインでは「新・回転式スタンド」が使われている

ES1ラインEQ1/EQ2ラインDS1ラインのテレビは、スタンド部分に違いがあります。

EQ1/EQ2ラインDS1ラインには「回転式スタンド」が採用されていて、テレビの向きを左右合計30度まで変えることが可能です。

ES1ラインでは「新・回転式スタンド」が備わっており、テレビの向きを左右合計30度まで変えられる他、正面の位置で固定できる「スイーベルロック」という機能があります。

また、邪魔になりがちなテレビ裏の配線を1つにまとめられる、「ケーブルマネジメント」という機能も付いています。

テレビアドバイザー

ES1ラインでは、テレビ裏の配線がごちゃごちゃせずすっきりとまとめられますね!

ES1ラインを選ぶメリットは高性能のテレビであること

ES1ラインのテレビを選ぶメリットは、高性能のテレビであることです。

画像処理エンジンに「Medalist S3」が採用されていたり、スピーカーに「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS」が使われてるので、高いパフォーマンスを発揮するテレビとなっています。

高性能のテレビが欲しい人におすすめ

ES1ラインのテレビは、高性能なテレビが欲しい人におすすめです。

液晶パネルに「S-Brightパネル」が使われていたり、テレビの中にスピーカーが11個搭載されているので、アニメやドラマをよりキレイな映像、臨場感ある音声で楽しむことが可能です。

EQ1/EQ2ラインを選ぶメリットは特になし

EQ1/EQ2ラインのテレビを選ぶメリットは、特にありません。

ES1ラインのテレビと比べると「S-Brightパネル」が搭載されておらず、また「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS」は使われていません。

また値段的にも、ES1ラインのテレビの方が安くなっているため、EQ1/EQ2ラインを選ぶメリットはほとんどないといえるでしょう。

DS1ラインのメリットは価格が安いこと

DS1ラインのテレビを選ぶメリットは、価格が安いことです。

画像処理エンジンのバージョンが低いことや、「AROUND SPEAKER SYSTEM PLUS」の機能がない分、ES1ラインEQ1/EQ2ラインのテレビよりも価格を安く購入できます。

安いテレビが欲しい人におすすめ

DS1ラインのテレビは、「価格の安いテレビが欲しい」という人におすすめです。

映像、音質に関わる性能は、ES1ラインEQ1/EQ2ラインには劣りますが、「S-Brightパネル」や「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」といった機能は搭載しているので、普通に映画やドラマを楽しむには十分です。

ES1ラインの口コミ・評判

ES1ラインの口コミ・評判

ES1ラインの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

リモコンの反応は良い

多機能なテレビ

eARC、VRR対応でゲームが快適にプレイできる

悪い口コミ

音質は期待外れ

テレビの枠にスピーカーが付いててデザイン的に落ちる

画面がちょっとピンクがかっている

EQ1/EQ2ラインの口コミ・評判

EQ1/EQ2ラインの口コミ・評判

EQ1/EQ2ラインの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

4K映像の美しさは感動

画質も音質も良かった

有機ELにしてはお手頃価格

悪い口コミ

リモコン操作が使いにくい

シアタースピーカーは不要

HDD録画がなぜかできなくて不便

DS1ラインの口コミ・評判

DS1ラインの口コミ・評判

DS1ラインの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

外枠の狭いデザインは満足

画質は問題なし

ワンボタンでネット動画が見られるのは便利

悪い口コミ

リモコンのボタンが小さくて使いづらい

音質は普通で残念

Wi-Fiのランプが正直いらない

ES1ラインとEQ1/EQ2ラインとDS1ラインの違いまとめ

ES1ラインEQ1/EQ2ラインDS1ラインの違いをまとめると、以下のようになります。


ES1ライン

EQ1/EQ2ライン

DS1ライン
発売日2022年6月2022年7月2021年5月
画面解像度4K4K4K
画像処理エンジンMedalist S3Medalist S3Medalist S2
液晶パネルS-Brightパネル有機ELパネルS-Brightパネル
スピーカーシステムAROUND SPEAKER SYSTEM PLUSFRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUSFRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS
スピーカー数1177
動画サービス対応対応対応
倍速機能対応対応対応
価格242,000円(55型)250,000円(55型)186,999円(55型)
各製品の比較

以上のことから、高性能なテレビが良い人は、ES1ライン

EQ1/EQ2ラインを選ぶメリットは、特にありません。

価格の安いテレビが欲しいという人は、DS1ラインのテレビがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次