\ 楽天ポイント最大11倍UP期間中! /

シャープDJ1ライン・DH1ライン・CH1ラインの違いを比較!おすすめはどれ?

本ページはプロモーションが含まれています
シャープDJ1ライン・DH1ライン・CH1ラインの違いを比較

国内でも信頼度が高いメーカー『シャープ』のテレビは、音質の良さに定評があり、臨場感のある音を楽しむことができます。

シャープのアクオスシリーズのテレビには、いくつかのラインがあるので、どれが良くて何が違うのか、少し分かりづらいですよね。

この記事では、4K液晶テレビの中でも人気のある、

  • DJ1ライン
  • DH1ライン
  • CH1ライン

の違いについて、詳しく解説していきます。

それぞれの違いを表で確認したい人こちらへ(記事下に移動します)。

目次

DJ1ライン、DH1ライン、CH1ラインの違いを比較してみた

DJ1ラインDH1ラインCH1ラインの違いですが、以下の点が異なります。

  • 画質
  • 音質
  • 録画機能
  • ネットサービス・リモコン
  • サイズ展開

詳しく見ていきましょう!

違い①:画質

DJ1ラインDH1ラインCH1ラインは、画質がそれぞれ異なります。

DJ1ライン

DJ1ラインは、高精細、色鮮やか、高コントラストの8K高画質技術を応用した新開発の4K画像処理エンジン『Medalist S2』を搭載しています。

4K超解像アップコンバート(高精細)

8Kテレビで培ったアップコンバート技術を応用しており、映像フォーマットを解析して、被写体の質感や輪郭などを緻密に再現してくれます。

地上デジタル放送やネット動画も細部まで綺麗に、臨場感豊かに表現してくれるのがメリットと言えます。

スマート アクティブ コントラスト(高コントラスト)

シーンごとの輝度分布を解析し、映像フォーマットに合わせて、明暗を描き分けてくれます。

光の具合を調節してくれるので、夜の映像などもメリハリのある美しいコントラストを表現できるのが魅力です。

HDR映像

HDR(ハイダイナミックレンジ)とは、従来の映像を分析し、映像のリアリティを高める技術のことです。

通常なら白飛び・黒つぶれしてしまうシーンも、よりリアルな映像に近づけてくれます。

また、映り込みを抑えて見やすくしてくれる『低反射パネル』、色鮮やかでクリアな映像を再現してくれる『直下型LEDバックライト』も搭載しています。

低反射パネルとは

フルHDの4倍となる約829万画素の液晶パネルに、外光や照明の映り込みを低減する低反射処理を施したパネル。

明るいリビングでも、見やすい4K映像にしてくれる効果があります。

DH1ライン

DH1ラインは、4K HDR映像を高品位に表現した『AQUOS 4K Master Engine』を採用しています。

AQUOS 4K Master Engineは、DJ1ラインで紹介した、HDR映像・低反射パネル・直下型LEDバックライトの搭載となっています。

テレビアドバイザー

DH1には、4K超解像アップコンバートは搭載されていません!

CH1ライン

CH1ラインは、新たな『リッチカラーテクノロジー』を搭載したAQUOS 4K Master Engineを採用しています。

リッチカラーテクノロジーとは

地上デジタル放送で使用されている色域を超えた広色域技術を搭載し、色彩表現力が高めてくれる機能。

テレビアドバイザー

リッチカラーテクノロジー以外は、DH1ラインと同じになっています!

違い②:音質

DJ1ラインDH1ラインCH1ラインは、音質がそれぞれ異なります。

DJ1ライン

DJ1ラインは、低音域から高音域まで臨場感豊かに再現してくれる『バスレフ型スピーカーボックス』を採用しています。

音楽ライブモードも搭載しており、ライブ配信や音楽番組などを音に包まれるような臨場感で楽しむことができます。

DH1ライン

DH1ラインは、DJ1ラインと同じ『バスレフ型スピーカーボックス』を採用していますが、音楽ライブモードを搭載していない点がDJ1ラインと異なります。

テレビアドバイザー

ライブ映像などを見る人は、DJ1ラインの方がおすすめです!

CH1ライン

CH1ラインは、音声を前方に導き、聞き取りやすさを高める『FRONT OPEN SOUND SYSTEM』を採用しています。

FRONT OPEN SOUND SYSTEMとは

DH1ラインDJ1ラインが採用しているバスレフ型スピーカーボックスをさらに、音声を前方に導く構造と、スピーカーネットをなくした前面を開けたの新構造により、音抜けのよいクリアなサウンドをダイレクトに届けてくれる機能です。

テレビアドバイザー

音声については、CH1ラインが1番優れていると言えますね!

違い③:録画機能

DH1ラインCH1ラインには、4Kダブルチューナーが内蔵されており、録画機能が使えるという点がDJ1ラインとは異なります。

4Kダブルチューナー内蔵

4K放送を楽しめるBS4K・110度CS4Kチューナーを2基内蔵しており、4K放送を視聴中に別の4K放送を裏録画することができる機能です。

録画には、別売りのUSBハードディスクが必要となります。

違い④:ネットサービス・リモコン

DJ1ライン

DJ1ラインは、ネットサービスが使えるという点が、DH1ラインCH1ラインと異なります。

インターネットにつなぐだけで、ネット動画やゲームなどのアプリが楽しめて、リモコンに7つの動画サービスのダイレクトボタンも搭載しています。

テレビの電源がオフの状態でも、ダイレクトボタンを押せば、人気の動画サービスをすぐに起動することができます。

DH1ラインCH1ラインは、ネットサービスが無いため、リモコンもシンプルな仕様になっています。

DH1ラインCH1ライン

違い⑤:サイズ展開

DJ1ラインDH1ラインCH1ラインで、サイズ展開が異なります。

DJ1ラインDH1ラインCH1ライン
サイズ展開42V型50V型
55V型
65V型

DJ1ラインDH1ラインは、42V型のみとなっていますが、CH1ラインは50~65V型の3種類の展開があります。

テレビアドバイザー

画面の大きいテレビがいい人は、CH1ラインのほうがおすすめです!

DJ1ラインを選ぶメリットはネットサービスがあること

DJ1ラインを選ぶメリットは、ネットサービスがあることです。

リモコンからすぐに、NETFLIXやhuluなどの動画コンテンツを楽しむことができる点がメリットと言えます。

映画やネット動画をテレビの画面で楽しみたい人におすすめ

DJ1ラインは、映画やネット動画をテレビの画面で楽しみたい人におすすめと言えます。

クロームキャストやFireTV Stickなどを購入しなくてもテレビリモコンから操作できるので、毎日気軽に動画を楽しむことができます。

DH1ラインを選ぶメリットはシンプルな機能であること

DH1ラインを選ぶメリットは、シンプルな機能であることです。

DJ1ラインと比べて、ネットサービスが使用できませんが、録画機能が使える点がメリットとなっています。

HDMI端子は付いているので、すでにクロームキャストやFireTV Stickを持っていれば、ネット動画をテレビに繋ぐことができます。

どのモデルにしようか迷っている人におすすめ

DH1ラインは、どのモデルにしようか迷っている人におすすめです。

ネットサービスが不要であれば、DJ1ラインより約5000円安く購入できるので、コスパ重視の人にもおすすめです。

CH1ラインを選ぶメリットは好みの大きさを選べること

CH1ラインを選ぶメリットは、好みの大きさを選べることです。

DJ1ラインDH1ラインは42V型のみですが、CH1ラインは50・55・65V型の3種類あるので、好みや自分の部屋の大きさなどに合わせて選ぶことができます。

50V型以上の大きめのテレビを探している人におすすめ

CH1ラインは、50V型以上の大きめのテレビを探している人におすすめと言えます。

また、違い②で紹介した『FRONT OPEN SOUND SYSTEM』を採用しているので、音声については、他モデルよりも優れている点もメリットです。

DJ1ラインの口コミ・評判

DJ1ラインの口コミ・評判

DJ1ラインの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

音質がかなりいいです。最初、音の良さに驚きでした。

リモコンも操作しやすくいい。直感的でわかりやすい。

ネット動画にも対応しており、ポイントを押さえつつ価格帯としてはお買い得なのでコスパが良い。

悪い口コミ

アプリで動かしてるせいか、画質がたまに粗い時がある。

音質や画質は設定項目が少なく好みの調整ができなかった。

画質はきれいと思いますが、少し白っぽさが気になります。

DH1ラインの口コミ・評判

DH1ラインの口コミ・評判

DH1ラインの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

無駄のないデザインで、シンプルな美しさを感じられる。

画質は美しいと思います。コントラストも潰れている感はありません。

薄いので置く場所もコンパクトに置けて、すっきりして見える。

悪い口コミ

リモコンの反応が遅い。反応が遅いので2度押ししてしまう

WiFi機能はないので、ユーチューブやネットフリックスなどが見れないのが残念だった。

HDMIの切り替えがモッサリしてたり、たまに画像信号を識別できなかったり使い勝手が良くない。

CH1ラインの口コミ・評判

CH1ラインの口コミ・評判

CH1ラインの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

さすがシャープ!画質の向上に技術の進化を感じました

リモコンも余分なボタンが無く、操作も簡単です。

パネルがブラック調で、反射も少なくとても見やすいです。

悪い口コミ

地上デジタル放送の画質が思ったよりも悪かった。

直下型LEDパネルのため、テレビ正面から斜めや、下からは映像が見えにくくなります。

音が少しこもっているような気がしました。

DJ1ラインDH1ラインとCH1ラインの違いまとめ

DJ1ラインDH1ラインCH1ラインの違いをまとめると、以下のようになります。

スクロールできます

DJ1ライン

DH1ライン

CH1ライン
発売日2021年6月5日2021年10月30日2020年10月24日
インターネット対応ありなし
USB端子あり
画像処理エンジンMedalist S2AQUOS 4K Master EngineAQUOS 4K Master Engine
リッチカラーテクノロジー
スピーカーバスレフ型
スピーカーボックス
FRONT
 OPEN
 SOUND SYSTEM
 
録画機能なしあり
サイズ42V型50V型
55V型
60V型
HDMI端子あり
価格
(税込)
¥91,710¥84,450¥78,460
(50V型)
各製品の比較

なお、価格は記事執筆時点のものですので、最新の値段に関しては下部にある商品のリンク先(Amazon, 楽天, Yahooなど)からご確認ください。
※セール期間中などは、表示価格よりもかなり安くなっていることがあります

以上のことから、ネット動画をテレビで楽しみたい人は、ネットサービスを搭載しているDJ1ライン

ネットサービスは要らないから、録画機能があるものがいい』という人は、DH1ラインを選ぶのが良いと思います。

テレビ画面が大きいのものがいい人は、65V型を展開しているCH1ラインを選ぶのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次