\ 楽天ポイント最大11倍UP期間中! /

KBK-4500・KBJ-4501・KBG-4500の違いを比較!おすすめはどれ?

本ページはプロモーションが含まれています
KBK-4500・KBJ-4501・KBG-4500の違いを比較

電気代やガス代が上がってきている今、『サーモス』から発売されている『シャトルシェフ』が注目されています。

シャトルシェフは、短時間火にかけた調理鍋を保温容器で保温し、余熱で食材に火を通す『保温調理』ができる調理器具です。

火にかける時間が通常の3分の1で済むので、調理にかかるガス・電気代を抑えることができます。

この記事では、シャトルシェフの4~6人用モデルである、

  • KBK-4500
  • KBJ-4501
  • KBG-4500

の違いについて、詳しく解説していきます。

目次

KBK-4500、KBJ-4501、KBG-4500の違いを比較してみた

KBK-4500KBJ-4501KBG-4500の違いですが、以下の点が異なります。

  • 蓋の形状
  • 調理鍋の素材
  • クッキングブックの付属

詳しく見ていきましょう!

違い①:蓋の形状

蓋の形状が、KBK-4500KBJ-4501KBG-4500で異なります。

KBK-4500

KBJ-4501

KBG-4500

比べてみると、保温容器を密閉する蓋の形状がそれぞれ異なります。

KBJ-4501は上部につまみがある形になっていますが、KBK-4500KBG-4500は、サイドにマグネット受金具がついているので、より密閉できる構造になっています。

圧力鍋アドバイザー

調理鍋フタは、全て強化ガラス製で同じ素材です!

違い②:調理鍋の素材

調理鍋の素材が、KBJ-4501KBK-4500KBG-4500で異なります。

KBJ-4501は、調理鍋に『フッ素コーティング』加工を施しているので、焦げが付きにくくお手入れが簡単になっています。

また、調理鍋の底面の厚さは2.9mmで、熱が伝わりやすく焦げ付きにくい設計です。

一方KBK-4500KBG-4500は、調理鍋が『底面3層構造』のステンレス製になっています。

底面の厚さは、5.0mmとなっており、KBJ-4501よりも厚底設計となっている点にも違いがあります。

圧力鍋アドバイザー

お手入れは、フッ素コーティング加工のKBJ-4501の方が簡単です!

違い③:クッキングブックの付属

KBK-4500KBG-4500には、付属品としてクッキングブックがあるという点が、KBJ-4501と異なります。

クッキングブックには、シャトルシェフで作れる保温調理レシピが多数掲載されているので、初めて使う人でも簡単に料理を作ることができます

KBJ-4501は別売りとなっているので、この点が違うと言えます。

圧力鍋アドバイザー

サーモスのホームページにもレシピが多数掲載されています!

KBK-4500を選ぶメリットは限定モデルであること

KBK-4500を選ぶメリットは、限定モデルなことです。

現在は公式サイトでしか手に入らないモデルなので、狙っている人は、早めに手に入れることをおすすめします!

KBJ-4501を選ぶメリットは汚れや焦げが取りやすいこと

KBJ-4501を選ぶメリットは、汚れや焦げが取りやすいことです。

ステンレス製だと底の汚れが気になりますが、KBJ-4501はフッ素コーティング加工が施されているので、洗うときもスルッと汚れを取ることができます。

お手入れが楽なものがいい人におすすめ

KBJ-4501は、汚れや焦げが取りやすい点から、お手入れが楽なものがいい人におすすめです。

また、価格も他モデルより安いので、初めてシャトルシェフを使う人にも良さそうです。

KBG-4500を選ぶメリットは特になし

KBG-4500を選ぶメリットは、特にないです。

限定モデルが良かったけど、売ってなかった!という人は、スペックがほぼ同じであるKBG-4500を選ぶのがおすすめです。

KBJ-4501の口コミ・評判

KBJ-4501の口コミ・評判

KBJ-4501の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

調理時間の短縮で時間を有効に使えます。

味もしっかり染み込み鶏肉などふっくら仕上がります。

ガス料金が高くなっているので、省エネのために購入したが効果抜群。

悪い口コミ

購入にあたっては保管場所も考えておいた方がいい

ジャガイモは形が崩れてしまう。

小豆を仕込んだのですがなかなかうまく行きませんでした。

KBG-4500の口コミ・評判

KBG-4500の口コミ・評判

KBG-4500の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

最初に10分ほど煮込んでから外鍋に入れて数時間放置するだけで煮物や煮込み料理が柔らかく出来上がります。

液体量も多かったのの24時間超えても保温されていた事に驚きました!

メリットが多くて暖かい煮込み料理が多い冬の料理には最高の商品だと思います。

悪い口コミ

ただ細くて深い形状ゆえ、底の具材は混ぜにくいし、取り分ける際に崩れてしまう。

鍋底がかなり深いため、かき混ぜの時は火傷に注意です。

炒める際は別鍋で事前に炒めないと鍋底に焦げが付きやすいです。

KBK-4500とKBJ-4501とKBG-4500の違いまとめ

KBK-4500KBJ-4501KBG-4500の違いをまとめると、以下のようになります。


KBK-4500

KBJ-4501

KBG-4500
発売日不明2021年9月2017年9月
調理鍋満水容量
(ℓ)
4.54.34.5
調理鍋最大内径
(約cm)
2019.520
調理鍋底面3層構造
ステンレス
3層ふっ素コーティング底面3層構造
ステンレス
本体の大きさ
(約cm)
31.5
×
26.5
×
25.5
30.0
×
24.0
×
24.0
31.0
×
26.5
×
24.0
重さ(kg)3.32.63.1
価格
(税込)
¥47,300
(メーカー公式価格)
¥9,005¥11,209
各製品の比較

なお、価格は記事執筆時点のものですので、最新の値段に関しては下部にある商品のリンク先(Amazon, 楽天, Yahooなど)からご確認ください。
※セール期間中などは、表示価格よりもかなり安くなっていることがあります

以上のことから、限定モデルがいい人KBK-4500

フッ素コーティング加工の鍋がいい人は、KBJ-4501を選ぶのが良いと思います。

KBG-4500を選ぶメリットは特にありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次