シロカSP-D131とSP-D121を比較してみた!どっちがおすすめ?

本ページはプロモーションが含まれています
シロカSP-D131とSP-D121を比較してみた

毎日の調理を手助けしてくれ、時短にもつながる電気圧力鍋。

多くのメーカーから発売されていて、価格や特徴も様々なので、どれを選んだらよいのか迷いますね。

この記事では、「電気圧力鍋で、料理を美味しく手軽に作りたい」という人におすすめの、シロカの電気圧力鍋の中から

  • SP-D131
  • SP-D121

の違いについて、詳しく解説していきます。

それぞれの違いを表で確認したい人こちらへ(記事下に移動します)。

目次

シロカの電気圧力鍋SP-D131とSP-D121の違いを比較してみた

SP-D131SP-D121の違いですが、以下の点が異なります。

  • カラー展開
  • オートメニューの数
  • スロー調理

詳しく見ていきましょう!

違い①:カラー展開

カラーラインナップが、SP-D131SP-D121で異なります。

レッドとホワイトは共通ですが、SP-D131ブラウン、ブラックもあり、4色展開となっています。

キッチン家電アドバイザー

SP-D131のほうが選択肢が多いですね!

違い②:オートメニューの数

SP-D131SP-D121では搭載しているオートメニューの数が違います。

SP-D121は、「カレー・肉じゃが・ポトフ・白米・玄米」の5種類ですが、SP-D131は、この5種類に加えて「無水カレー・豚の角煮・さんま煮」の合計8種類のオートメニューを搭載しています。

キッチン家電アドバイザー

SP-D131のほうが簡単にできるメニューが多いということになりますね!

違い③:スロー調理

SP-D131は圧力調理だけでなく、スロー調理をすることができます。

加圧せずに加熱調理をすることができます。

キッチン家電アドバイザー

煮込み調理もできるということになりますね!

SP-D131を選ぶメリットは対応メニューが多いこと

SP-D131を選ぶメリットは、対応メニューが多いことです。

メニューを選ぶだけで、それぞれのメニューにあった加圧時間で調理をしてくれるオートメニューが8種類あります。

スロー調理は、約85℃で沸騰せずに調理をして、食材を煮崩れせずにやわらかく調理することができます。

毎日使いたい人におすすめ

SP-D131は、コンパクトなサイズで常にキッチンに置いておくこともできます。

材料を入れて、ボタンを押すだけで完成する、という手軽さに加えて、対応メニューもたくさんありますので、毎日料理を楽しみたいという人におすすめです。

SP-D121を選ぶメリットは価格が安いこと

SP-D121を選ぶメリットは、価格が安いことです。

SP-D131と比べて、約3,000円安く購入できます

時々、一品を任せたい人におすすめ

SP-D121は、圧力調理の性能や、容量などはSP-D131と同等になっています。

頻繁に使って、いろいろな料理を試したいというほどではないけど、料理の補助として、時々電気圧力鍋の力を借りたい人にはお買い得な商品です。

SP-D131の口コミ・評判

SP-D131の口コミ・評判

SP-D131の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

これを買ってから、煮る料理はガスを使わなくなった

野菜を蒸したり、ゆで卵も簡単にできるので便利

ガスと違って、火加減などを気にすることなく、ほったらかしにできるのが素晴らしい

悪い口コミ

炊きあがったご飯がおいしくない

ビニールの焼けたようなにおいがしばらく続いた

レシピ通り作ると味がかなり薄い

SP-D121の口コミ・評判

SP-D121の口コミ・評判

SP-D121の口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

使い勝手もよく、操作も簡単

肉や野菜がとても柔らかくなり、時短で電気代、ガス代が節約できると思う

コンパクトで軽いので移動や収納がラク

悪い口コミ

炊きあがったご飯を混ぜるとき、内なべがくるくるまわってしまう

いちいち蓋を外さないといけないので面倒くさい

SP-D131とSP-D121の違いまとめ

SP-D131SP-D121の違いをまとめると、以下のようになります。

スクロールできます

SP-D131

SP-D121
発売日2017年11月
カラーレッド
ホワイト
ブラウン
ブラック
レッド
ホワイト
最高圧力70kPa
調理容量1.3L
満水容量2L
オートメニュー8種類5種類
スロー調理ありなし
サイズ
(cm)
幅22.0
奥行23.8
高さ24.9
重量2.7kg
価格
(税込)
13,800円10,980円
各製品の比較

なお、価格は記事執筆時点のものですので、最新の値段に関しては下部にある商品のリンク先(Amazon, 楽天, Yahooなど)からご確認ください。
※セール期間中などは、表示価格よりもかなり安くなっていることがあります

以上のことから、いろいろなメニューを試して、料理の幅を広げたい人SP-D131

圧力調理中心で、費用はなるべく抑えたい人SP-D121がおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次