\ 楽天ポイント最大11倍UP期間中! /

NE-BS9AとNE-BS8Aの違いを比較!おすすめはどっち?

本ページはプロモーションが含まれています
NE-BS9AとNE-BS8A(パナソニック・オーブンレンジ)の違いを比較

料理を温めるだけではなく、「焼く」「蒸す」「煮込む」などの調理ができるオーブンレンジ。

多くのメーカーから発売されていて、価格も機能性もメーカーによって違うため、どれを選んだらいいか難しいですよね。

この記事では、「温める以外にも、オーブンレンジを使って美味しい料理を作ってみたい」という方にお勧めの、パナソニックで人気の大容量オーブンレンジの中から、

  • NE-BS9A
  • NE-BS8A

の違いについて、詳しく解説していきます。

目次

NE-BS9AとNE-BS8Aの違いを比較してみた

NE-BS9ANE-BS8Aの違いですが、以下の点が異なります。

  • センサーの性能
  • グリル加熱方式
  • スピードエリア加熱の最高出力
  • 搭載レシピ数(自動メニュー数)

詳しく見ていきましょう!

違い①:センサーの性能

NE-BS8Aに搭載されているのは、スイングサーチ赤外線センサーです。

スイングサーチ赤外線センサーは、赤外線センサーをスイングさせて、庫内全体を検知。

加熱時間を調整し、焼きムラなく料理を温めてくれます。

一方のNE-BS9Aは、高精細・64眼スピードセンサーを搭載しています。

高精細・64眼スピードセンサーは、食品を細かく見極めるために、庫内を64方眼に分割して、どれくらいで食品が温まるかを計算しながら、マイクロ波加熱を調整します。

マイクロ波をコントロールして食材の分量や温度、種類を細かく見分けることができるため、NE-BS8Aにはない、2品同時温めや、ワンボウルメニューなど調理機能が搭載されています。

電子レンジアドバイザー

NE-BS8Aのセンサーも高機能ですが、より細かく庫内の食品を見極めて温められるのは、NE-BS9Aということですね。

違い②:グリル加熱方式

NE-BS8Aのグリル加熱方式は「大火力平面ヒーター」、NE-BS9Aのグリル加熱方式は「大火力極め焼きヒーター」を搭載しており、NE-BS9Aの方が、高火力で一気に加熱するため、より早く焼くことができます。

違い③:スピードエリア加熱の最高出力

スピードエリア加熱は、グリル皿の中央エリアに絞り、効率的に加熱することで、調理時間を短縮する機能です。

NE-BS8Aのヒーター出力が最高650Wのところ、NE-BS9Aは、ヒーター出力が最高900Wと、NE-BS8Aより高いため、より時間を短縮した調理が可能です。

電子レンジアドバイザー

NE-BS9Aは、グリル加熱方式やスピードエリア加熱の機能のおかげで、より早く調理ができるということですね!

違い④:搭載レシピ数(自動メニュー数)

NE-BS9ANE-BS8Aは、搭載されているレシピ数が異なります。

  • NE-BS9A:取説掲載レシピ数 292品、自動メニュー数187品
  • NE-BS8A:取説掲載レシピ数 202品、自動メニュー数107品
電子レンジアドバイザー

NE-BS9Aの方が、取説掲載レシピ数が90品、自動メニュー数も80品多くメニューが搭載されているので、いろいろな料理を試したい人には最適と言えます!

NE-BS9Aを選ぶメリットは多彩な便利機能

NE-BS9Aは、高精細・64眼スピードセンサーを搭載したことで、より多くの便利機能が搭載されています。

ワンボウルメニュー

耐熱ガラス製ボウルに、下ごしらえをした食材を入れて、オーブンレンジで調理するだけで、簡単に美味しい料理を作れます。パスタ・シチュー・中華・フレンチ・エスニック・煮物・やみつき野菜と、主菜から副菜まで豊富なレパートリーで、日々の献立作りを助けてくれる便利な機能です。

2品同時温め

おかずやごはんを両方入れても、センサーが自動で温度を調整してくれるため、2品ともムラなく温めることができる機能です。

料理時間を短縮したい人におすすめ

NE-BS9Aは、簡単で料理時間が短縮できるワンボウルメニューや2品同時温め機能が搭載されているため、「限られた時間の中で、効率よく家事をこなしたい」という人におすすめです。

NE-BS8Aを選ぶメリットは手ごろな価格

NE-BS8Aは、NE-BS9Aよりも50,000円以上安く購入できます。

調理時間の短縮や搭載メニュー数の面では、NE-BS9Aの方が性能が良いモデルですが、十分な機能を備えているため、コスパの良いモデルではないでしょうか。

価格を重視する人におすすめ

温める以外の機能が備わっている高性能オーブンレンジが欲しいけど、費用はなるべく抑えたいという人は、NE-BS8Aがおすすめです。

NE-BS9Aの口コミ・評判

NE-BS9Aの口コミ・評判

NE-BS9Aの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

ご飯やハンバーグがふっくらで驚いた。

温めが優秀。ゆで卵もできるし、焼きムラも少ない。

見た目もすっきりしていて使い勝手もよい。

悪い口コミ

レンジ機能は期待外れ。

NE-BS8Aの口コミ・評判

NE-BS8Aの口コミ・評判

NE-BS8Aの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

火力が強くて温めムラがない。

オーブン機能を使ってみたけれど、前のものよりも余熱時間が半分の時間ですんだ。

スチーム機能を使ったら、魚もふっくらと焼けた。

悪い口コミ

操作がダイヤル式なので使いにくい。

レンジの設定が、600W・500W・300W・800Wとなるため、使い勝手が悪い。

ピザを焼くときなどもう少し高い温度で焼けると良い。

NE-BS9AとNE-BS8Aの違いまとめ

NE-BS9ANE-BS8Aの違いをまとめると、以下のようになります。


NE-BS9A

NE-BS8A
発売日2022年8月2022年8月
容量30L30L
センサー高精細
64眼スピードセンサー
とろみ検知センシング
スイングサーチ赤外線センサー
グリル加熱方式大火力極め焼きヒーター大火力平面ヒーター
少量時短加熱スピードエリア加熱
(ヒーター出力 最高900W)
エリア加熱
(ヒーター出力 最高650W)
2品同時あたためありなし
スチーム機能スピードスチーム機構
100℃・95~60℃(低温スチーム)
スピードスチーム機構
100℃・95~60℃(低温スチーム)
オーブン機能2段調理・コンベクションオーブン
(70~300℃)
2段調理・コンベクションオーブン
(70~300℃)
解凍機能芯までほぐせる解凍(全解凍・半解凍)芯までほぐせる解凍(全解凍・半解凍)
発酵機能スチーム発酵
30~65℃ (5℃刻み)
スチーム発酵
30~65℃ (5℃刻み)
時短機能10分メニュー
凍ったままグリル(7メニュー)
10分~15分メニュー
凍ったままグリル(5メニュー)
ワンボウルメニューパスタ・シチュー・中華・フレンチ・
エスニック・煮物・やみつき野菜
なし
取説掲載レシピ
(自動メニュー数)
294
(187)
202
(107)
価格123,750円76,230円
各製品の比較

以上のことから、多少値が張っても、便利な機能を使って、家事を短縮したい人NE-BS9A

調理機能は必要だけど、なるべく費用を抑えたい人は、NE-BS8Aを選ぶのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次