\ 楽天ポイント最大11倍UP期間中! /

Nature RemoとSwitchBotの違いを比較!おすすめはどっち?

本ページはプロモーションが含まれています
Nature RemoとSwitchBotの違いを比較

スマートリモコンは、色々な家電のリモコンをスマホ1つにまとめられるので便利ですよね。

各メーカーからいろいろなスマートリモコンが発売されていますが、Nature RemoSwitchBotの商品はコスパ良いことから購入する人が多くなっています。

ただ、Nature RemoとSwitchBotのスマートリモコンは性能がよく似ており、どちらを買うか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

この記事では、スマートリモコン、

  • Nature Remo(Nature Remo nano)
  • SwitchBot(SwitchBot Hub 2)

の違いについて、詳しく解説していきます。

それぞれの違いを表で確認したい人こちらへ(記事下に移動します)。

目次

Nature RemoSwitchBotの違いを比較してみた

Nature RemoSwitchBotの違いですが、以下の点が異なります。

  • センサー
  • 電源アダプター
  • スマートボタン

詳しく見ていきましょう!

ちなみに、それぞれのメーカーではいくつかスマートリモコンを発売していますが、この記事においては「Nature Remo nano」「SwitchBot Hub 2」の機種で比較しています。

違い①:センサー

SwitchBot・センサー

1つ目の違いは、搭載しているセンサーです。

Nature Remoにおいてはセンサーは搭載されていませんが、SwitchBotには以下のようなセンサーが搭載されています。

  • 温度計
  • 湿度計
  • 照度センサー
Nature Remo 3

ちなみに、Nature Remoの「Nature Remo 3」という機種においては、温度計と湿度計、照度センサーの他、人感センサーが搭載されています。

違い②:電源アダプター

SwitchBot・電源アダプター

2つ目の違いは、電源アダプターです。

Nature Remoは、電源アダプターが付属しておらず、使用するにはUSB Type-Cケーブルを別途用意する必要があります。

SwitchBotは、各種センサーが搭載した電源ケーブルが付属していて、購入後すぐに使用可能です。

違い③:スマートボタン

SwitchBot・スマートボタン

SwitchBotは、スマートボタンが搭載されています。

SwitchBotの本体正面の画面に「ON」「OFF」のボタンがあり、あらかじめ設定しておくことで電気を点けたりエアコンをつけるなどの操作がワンタッチでできます。

「ON」「OFF」それぞれのボタンに各種操作を設定することが可能で、例えば「ON」にカーテンを閉める、電気を消すといった操作を、「OFF」にエアコンをつける、テレビをつけるといった操作をそれぞれ割り当てることが可能です。

スマートホームアドバイザー

スマートボタンはスマホを使わなくても簡単に操作できますね!

Nature Remoを選ぶメリットは価格が安いこと

Nature Remoを選ぶメリットは、SwitchBotよりも価格が安いことです。

お金を節約してスマートハブが欲しい人におすすめ

Nature Remoは、なるべくお金を節約しつつスマートハブを購入したい人におすすめです。

Nature Remoは、SwitchBotに比べてセンサーが搭載されていなかったりスマートボタンはついていませんが、安い価格で購入可能です。

「あまりお金をかけずにスマートホーム化したい」

「高性能にはこだわらない」

という人が選ぶと良いでしょう。

SwitchBotを選ぶメリットはセンサーが搭載されていること

SwitchBotを選ぶメリットは、温度計や照度センサーなどが搭載されていることです。

エアコンや照明を自動で使いたい人におすすめ

SwitchBotは、エアコンなどの暖房・冷房機器や、照明を自動で使えるようにしたい人におすすめです。

SwitchBotには温度計や湿度計、照度センサーが搭載しており、各機器と連携させれば、一定の気温になったらエアコンを作動させる、夜暗くなったら照明をつけるなどの動作を自動で行えます。

「エアコンや電気をいちいち手動でつけるのが面倒くさい」

「家にいなくても部屋の温度を知りつつエアコンなどの暖房機器を操作したい」

という人にぴったりです。

Nature Remoの口コミ・評判

Nature Remoの口コミ・評判

Nature Remoの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

Matter対応で色々使える

コンパクトでよい

つなげやすくて使いやすい

悪い口コミ

たまに反応しない

エアコンが強い設定で動いてしまう

エアコンのリモコンが反応しづらい

SwitchBotの口コミ・評判

SwitchBotの口コミ・評判

SwitchBotの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

すごく使いやすい

任意のシーン機能が使える

ボタンが光っていて押しやすい

悪い口コミ

時計は表示されない

接続が不安定

エアコンの温度反映がうまくいかない

Nature RemoSwitchBotの違いまとめ

Nature RemoSwitchBotの違いをまとめると、以下のようになります。

スクロールできます

Nature Remo
(Nature Remo nano)

SwitchBot
(SwitchBot Hub 2)
発売日2023年7月2023年3月
センサーなし温度計
湿度計
照度センサー
電源アダプターなし付属
スマートボタンなしあり
価格
(税込)
3,980円8,980円
各製品の比較

なお、価格は記事執筆時点のものですので、最新の値段に関しては下部にある商品のリンク先(Amazon, 楽天, Yahooなど)からご確認ください。
※セール期間中などは、表示価格よりもかなり安くなっていることがあります

以上のことから、お金を節約してスマートリモコンを買いたい人は、Nature Remo

各センサーが搭載していて、エアコンや照明を自動で使えるようにしたい人は、SwitchBotがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次