クックフォーミーとホットクックの違いを比較(T-fal vs SHARP)!おすすめはどっち?

本ページはプロモーションが含まれています
クックフォーミーとホットクックの違いを比較(T-fal vs SHARP)

忙しい時や、料理を始めたばかりの人でも、簡単に素早く調理することができる『電気圧力鍋』。

電気圧力鍋は高温で調理してくれるので、時間のかかる煮込み料理も短時間で仕上げることができ、料理の時間・手間を省いてくれるのがメリットになっています。

この記事では、電気圧力鍋の売上ランキング上位である、

  • ティファール クックフォーミー
  • シャープ ホットクック

の違いについて、詳しく解説していきます。

目次

ティファール クックフォーミー、シャープ ホットクックの違いを比較してみた

ティファール クックフォーミーシャープ ホットクックの違いですが、以下の点が異なります。

  • 自動調理
  • 調理容量・本体の大きさ
  • 予約・保温機能
  • メニュー数

詳しく見ていきましょう!

違い①:自動調理

ホットクックは、自動調理ができるという点が、クックフォーミーと異なります。

ホットクックは、調理途中で具材を混ぜてくれる『自動かきまぜ機能』が搭載されているので、下準備をしておけば、あとは仕上げまですべて自動で調理してくれます。

クックフォーミーは自動調理機能はないので、この点が違うと言えます。

圧力鍋アドバイザー

より調理の手間を省きたければ、ホットクックの方がおすすめです!

違い②:調理容量・本体の大きさ

調理容量・本体の大きさが、クックフォーミーホットクックで異なります。

クックフォーミーホットクック
調理容量2.0L~4.0L1.0L~2.4L
本体の大きさ
(最大モデル)
4.0L
幅380mm
×
奥行350mm
×
高さ325mm
2.4L
幅345mm
×
奥行305mm
×
高さ256mm

上記は、どちらも大容量モデルでの比較ですが、どのモデルもクックフォーミーの方が大きくなっています。

圧力鍋アドバイザー

調理容量が増えると、本体も大きくなるので、事前に設置場所や収納場所の寸法を測っておくのがおすすめです!

違い③:予約・保温機能

予約・保湿機能が、クックフォーミーホットクックで異なります。

クックフォーミー

クックフォーミーは最大15時間先の予約調理が可能ですが、予約できるメニューが限られており、肉・魚や、卵、牛乳などの常温で痛みやすい食材は予約調理ができません。

また、メニュー画面の『レシピ』という機能も予約調理ができないので注意が必要です。

保温については、調理後から最大5時間までとなっており、調理が終わると自動で保温モードに切り替えてくれます。

ホットクック

ホットクックは、どの料理でも最大15時間先の予約調理をすることができて、保温に関しては最大12時間、食材が痛みにくい温度をキープしながら保温してくれます。

予約・保温機能に関しては、ホットクックの方が優れていると言えます。

圧力鍋アドバイザー

朝にセットして、夜に料理が出来上がっている!という設定をしたい人は、ホットクックがおすすめです!

違い④:メニュー数

搭載されているメニュー数が、クックフォーミーホットクックで異なります。

クックフォーミー

クックフォーミーは本体に250レシピが搭載されており、画面からメニュー・人数を選ぶと、必要な材料や分量が表示されるので、準備を迷わず簡単に行うことができます。

また、手順なども全て教えてくれるので、料理初心者の人も安心して調理をすることができます。

ホットクック

ホットクックは本体に145レシピ(大容量モデル)が搭載されており、メニューで人数や分量がすでに決まっていますが、ほったらかしにしておけば自動で仕上げてくれるので、クックフォーミーより調理工程は少なくて済みます。

本体のレシピ数はクックフォーミーより少ないですが、専用アプリで増やすことができるので、どちらもメニュー数が豊富と言えます。

ティファール クックフォーミーを選ぶメリットは調理容量が大きいこと

ティファール クックフォーミーを選ぶメリットは、調理容量が大きいことです。

大容量モデルで比較した場合、ホットクックの調理容量は2.4Lですが、クックフォーミーは4.0Lとなっており、約1.6倍多く料理を作ることができます。

また、搭載されているメニューであれば人数の設定ができるので、量を調節して作ることもできます。

世帯人数が多い家庭におすすめ

ティファール クックフォーミーは、調理容量が大きい点から、世帯人数が多い家庭におすすめです。

食べる人数によって分量を自動で変えてくれて、手順なども画面で分かりやすく教えてくれるので、料理初心者の人にもおすすめと言えます。

シャープ ホットクックを選ぶメリットは自動調理ができること

シャープ ホットクックを選ぶメリットは、自動調理ができることです。

ホットクックは、自動かきまぜ機能が搭載されているので、材料をセットして味付けをしたら、あとは自動で調理してくれます。

また、予約・保温機能も優れていて、15時間先の予約調理と12時間の保温ができるので、この点もメリットと言えます。

忙しい共働きの家庭におすすめ

シャープ ホットクックは、自動調理ができる点と、予約・保温機能が優れている点から、忙しい共働きの家庭におすすめと言えます。

朝にセットしておけば、夜帰宅するころには、すでに調理が終わっていて、保温もされているので、すぐに温かいご飯を食べることができます。

ティファール クックフォーミーの口コミ・評判

ティファール クックフォーミーの口コミ・評判

ティファール クックフォーミーの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

時短料理が仕事をしている私には、凄く助かっています。

操作も簡単で子どもとの時間も増えて大満足です。

次は何作ろう?と毎日の献立を考えるのが楽しくなりましたし、家族も喜んでます。

悪い口コミ

カレーやビーフシチューなど簡単にできるけど、洗ってもにおいが残っている。

なべで作るより、火力が弱い。

炊飯機能に関しては期待出来ません。

シャープ ホットクックの口コミ・評判

シャープ ホットクックの口コミ・評判

シャープ ホットクックの口コミや評判を調べてみたところ、以下のような意見がありました。

良い口コミ

材料を切って入れて調味料足してスイッチオンで出来るのは便利ですし帰宅時間に合わせて料理が出来上がるのも便利。

作っている間に他の事が出来るのが本当に助かります。

いつもの料理がいつもより簡単なのに凝って見えるので家族も喜んでいます。

悪い口コミ

サイズが少し大きめだったので、置きっぱなしにできず、使うたびに出し入れしています。

搭載されている分量で作ると薄いことがある。

価格が高い。

ティファール クックフォーミーシャープ ホットクックの違いまとめ

ティファール クックフォーミーシャープ ホットクックの違いをまとめると、以下のようになります。


ティファール クックフォーミー

シャープ ホットクック
発売日
(最新モデル)
2022年8月2021年9月16日
調理容量2.0L~4.0L1.0~2.4L
本体重量約6.5㎏約5.8㎏
最大予約時間15時間
(痛みやすい食材はNG)
15時間
最大保温時間5時間12時間
自動調理不可
本体の大きさ
(大容量モデル)
幅380mm
×
奥行350mm
×
高さ325mm
幅345mm
×
奥行305mm
×
高さ256mm
搭載メニュー数
(大容量モデル)
250145
価格
(税込)
¥31,364

¥34,800
¥35,600

¥52,000
各製品の比較

以上のことから、大容量で、本体の搭載メニューが多いものがいいティファール クックフォーミー

自動調理機能付きで、調理の工程を減らしたい人は、シャープ ホットクックを選ぶのが良いと思います。

ティファール クックフォーミー

シャープ ホットクック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次